螺旋
1-1

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 今日も終わった。学校の帰り道、通学でいつも利用している電車を降り駅のホームに足を付けた瞬間、磯村恭一郎いそむらきょういちろうはそう思った。今日はバイトもない、ここからは自由だ。そんな解放感を味わって階段を一段抜かしで上りながら改札を出る。  腹が減った。電車にゆられている時、頭の中にあった欲求を満たすべく駅西口にあるマクドナルドへ向かう。  西口へ出ると大音量の工事音と共に橋上から広大な更地を臨むことができる。この駅は去年の2月から駅周辺の開発工事ということで大規模な工事が行われている。周辺のスーパー、商店は一旦、立ち退き昔から変わらなかった風景は消えてしまった。  その大型トラックや重機が置いてある更地を眺めながら歩く恭一郎はここまでの時の流れを感じざるを得なかった。それはどう言葉にしていいか分からない何かを感じていた。  マクドナルドでハンバーガーとマックシェイクのバニラ味を持ち帰りで買った恭一郎は東口広場へ移動して、そこのベンチに座り食べることにした。春を感じさせる暖かく強い風が吹く。袋が風に飛ばされそうになりやや苦労しながらの食事であった。ハンバーガーを平らげるとほど良く溶けたであろうマックシェイクに手を付ける。甘いバニラ味を堪能しながらこちらは西口とは一転、昔からほとんど変わらない風景とこの時期ならではの初々しい人々、今年から進学した人であろう制服姿の新1年生を眺める。  ゴミとなった袋は改札前に設置されているゴミ箱に捨て自宅へ向かうべくバスに乗り込む。車内、乗車している人は少なく二人が座れる席を一人で占領するというちょっとした贅沢を味わいながら次々と移り変わる景色を窓から見ていた。途中、ラーメン屋があった場所が閉店して取り壊されてしまい空き地に、高齢のおばあさんが一人で店番していた駄菓子屋さんは今まさに解体作業中であった、駐車場として使われていた土地にドラッグストアが建設中などといった光景を見た。  変わってきている、単純明快に言えばそういうことであったがそれだけでは片付けられない何かをさっきから感じていた。これは何なのか? はっきりしない疑問にもやもやしていた。  最後は自分一人となったバスから降りるといつもだったら足早に自宅へ向かうのだが今日のスピードは鈍かった。遂に立ち止まってしまう恭一郎。斜め上を見上げるとちょうど自宅であるマンションであった。  あることを思いついた。  マンションを通り過ぎると高校へ進学して以来、一度も行ったことがなかった住宅街、その中にある公園へ向かうことにした。  道中、この道は特に小学生の時によく遊んだ場所。今、考えるとよく車も時おり通る道の真ん中でボールがどこに飛ぶか分からない野球をしたものだと当時の気概に笑いが込み上げてくる。他人の家の庭へボールを飛ばしてしまった事は数知れない。  思いのほか建て替えるのかここでも取り壊されている家が目立った。  公園へ辿り着くと、ここでも遊具が新しい物に取り替えられているか塗装が塗り直されている。  入ってみて思ったのは、狭いだった。こんな狭い所で何時間も遊べたのが今の感覚だと信じられない。それでも、あの時はそんなこと感じたことはなかったはずだ。  これが成長、大人になったというものか。ここまで周りの大人からそのようなニュアンスの事を言われても背が伸びたこと以外の自覚はなかった、何が変わったのか分からないまま過ごしてきた。言った本人も社交辞令のようなもので言った一言かもしれないが、そこにようやく本当の意味でひとつ気づくことができたかもしれない。自分もいつの間にかその感覚、感性が変わっていることを。  公園を出ると目の前を二人の老人が通り過ぎようとしていた。顔をチラッと見ると小学生の頃によく行っていた個人商店を営む夫婦であった。その店はいつの間にか閉店して何年も会ったことがなかったが直ぐに分かった。  男性は杖を持って歩いている、歩くスピードは亀そのものだ。その後ろに付いている白髪が増えた女性はしっかりと歩いていたがどこか疲弊している表情だった。  黙って恭一郎は反対方向へ歩く。老夫婦は恭一郎に気づく余裕はなさそうだ、覚えているかさえ怪しい。  若干ショッキングな一場面だった。最後の記憶ではその夫婦は笑顔で営業している姿だった。たまに冗談を言う店主が面白かった。 「(これも時の流れか)」  心の中でそう思いながら時の流れという名の残酷な側面も見せられた。これは恭一郎にとっても他人事ではない痛みであった。恭一郎の祖父は去年の6月、最後は数年間、寝たきりで言葉も発することができない状態で亡くなっている。  老老介護だった。認知症から始まり、徐々に一人では何もできなくなってしまう祖父の介護は体力的にも精神的にもきつい、祖母は何度も気が狂いそうになりながらも面倒を見ていた。夫婦関係が崩壊しそうになる危険をはらむ介護の過酷な現場を幼少期、空気で感じていたからこそあの夫婦の今後を思うとその辛さは容易に想像できた。  気がついたら1時間は特に当てもなく町を歩く恭一郎、辺りは暗くなり始め小学生の頃だったらもう家に帰る時間だ。左右は一軒家で並ぶ道の真ん中を歩きながら過去に浸る。  ふと空を見上げる恭一郎、夕焼けから闇に塗り替えられようとしている空の色、あまりにも綺麗だと思った。 「空ってこんな広かったんだ」 最後に空を見たのはいつだろう、そう思いながらこの空をまじまじと見つめていた。今の恭一郎にとってもこの空はあまりにも広かった。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません