作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 コロナにおける緊急事態宣言がようやく解除された二〇二一年十月最初の日曜の夜、緑里みどりさと朱音あかねは直前まで開催が危ぶまれた大手広告代理店主催のイベントに出席していた。  それでも東京都におけるリバウンド防止措置にのっとり、感染対策として入場前の検温やマスク着用はもちろん、人数制限をした上で立食形式のビュッフェも個人単位で取り分けするよう徹底されていた。  テーブルなど各所にアクリル板が設置され、会話をする際は出来る限り大きな声を出さず、そうした場所を使用するよう告げられていた。酒類の提供も原則禁止で夜九時までに解散となっている。  しかし始まってみればなし崩しとなり、時間を過ぎても酒を片手に各所で体面会話が続いていた。やや離れた場所で眉をひそめながら、そうした光景を見つめていた朱音は溜息をついた。  こんなところで酔いたくなどないし、長い間滞在していれば感染リスクも高まり体にさわる。その為ノンアルコールのシャンパンを手にしたまま、隣に立っている野垣のがきに小声でささやいたいた。 「もう帰っていいでしょ」  彼は眉間にしわを寄せ、呟くように答えた。 「主だったスポンサーへの挨拶は済みましたが、俳優の諸先輩方はまだいらっしゃいます。もう少し我慢してください」  確かに五、六十代の大先輩達が数人残って談笑している。だが大半は四十五歳の朱音より年下ばかりだ。彼らはこうした場所で顔を売り、次の仕事に繋げようと必死だから最後までいるに違いない。そこで言った。 「あの人達は主役クラスじゃない。私のような脇役レベルがいつまでもいたら邪魔でしょ」 「何を言っているんですか。今や押しも押されもせぬバイプレイヤーのあなたを使いたいスポンサーは、いくらだっています」 「そんなことを言ったって、私は明日から休みに入るの。知っているでしょ。今から仕事を貰っても受けられないわよ。その先だって、ぎっしり予定が埋まっているじゃない」  朱音の反論に再び彼は不機嫌な表情をした。 「本当に六か月も休むつもりですか」 「何よ、いまさら。社長にも了承を得ているのよ。それに最近はいつもそれくらい休んでいるじゃない」 「確かにそうですけど、連続してというのは今回が初めてでしょう」 「いいじゃない。直近の半年はほとんど休まず仕事をしてきたでしょ」  特にここ二年はコロナ禍の影響で撮影が大変になっていた事情もあり、三カ月働いたら少なくとも三カ月は休む、というサイクルで仕事を受けてきた。   それもこれまでの働きで、事務所の売り上げに相当貢献してきたからできることだ。また俳優の場合は休んでも、複数のCMに出演していれば世間の人達から忘れられる恐れは無い。だから長期休暇を取りたいという今回の申し出に、社長はすんなり応じてくれた。  けれどマネージャーからすれば不服らしい。といっても会社が正式に認めたものだ。 「連絡はいつでも取れるようにしてくださいよ」  そう告げるしかできなかったのだろう。しかし朱音は首を振った。 「電話は出ないわよ。何かあれば、いつも通り例の方法で連絡してくれればいいから」 「定期的に見てくださいね。本当にどこへ行くか、社長にも知らせないつもりですか」 「ゆっくりしたいのよ。心配しないで。コロナ禍がまだ完全に治まっていない状況だから、海外はそう簡単に行けないし行かないから。ワクチンは打ったけど、わざわざ接種証明書を取るのも面倒だしね」 「だったらまだいいですけど」 「いつまでもごちゃごちゃ言わない。余りしつこいようだと催眠をかけちゃうわよ」 「や、止めてください。分かりましたよ。もう言いませんから」  野垣にはこの脅しがよく効く。ただ全くかからない社長には通用しない。後ずさりしておびえる彼が少しだけ可哀そうになった為、優しく言った。 「たった半年よ。もうこの話は終わり。私はそろそろ帰るから」 「本当に帰るんですか。もう少しだけいて下さいよ」  引きめようとする彼の手を振り切るように、ホテルの宴会場から出ようとしたその時だ。急に会場がざわつき始めた。異常にいち早く気づいたのは野垣だった。 「何故こんなところに、あんな奴が」  朱音の目にもその姿が映る。周辺の反応にも納得した。だが当の本人は全く意に介さず、大声を出して挨拶をし始めた。 「やあ、やあ。ご無沙汰しております。ああこれは、これは、」  衆議院議員の柳畑やなぎはた幸助こうすけが、某大手企業の役員の元に近づいていく。恐らく顔見知りなのだろう。だが相手の表情は明らかに強張こわばっている。声をかけられた手前、無視する訳にもいかず戸惑っているようだ。その様子を見て、少しずつ遠ざかっていく人達が何人かいた。  それもそのはず、柳畑は暴力団のフロント企業による違法な献金を受けた容疑で逮捕されており、現在は五千万円を支払って保釈中の身だからだ。有罪判決を受けておらずまた無罪を主張しているからとはいえ、議員辞職もしていない。  その上捜査中だからという理由で国会を含め、記者会見も開かず説明責任を果たしていないと、野党議員や国民から非難を浴び続けている人物だ。そんな彼と今のタイミングで親しく会話でもしようものなら、同じ穴のむじなと誤解されかねない。  といっても今月の二十一日には衆議院議員の任期が切れる。先日与党の総裁選挙が行われ、近い内に総選挙の日程も決まると言われていた。今のところ離党し無所属になった彼が与党での立候補予定はなく、まずできないはずだ。  出馬の表明もしていないので、このままいけば衆議院の解散が宣言されるだろう今月の中旬にはただの人になる。だから皆、距離を置きたがっているに違いない。  しかしこの国は法治国家だ。何人なんびとも有罪と宣告されるまでは、罪を犯していない人として扱われなければならない、いわば推定無罪の原則がある。刑が確定するまで決して罪人ではないのだ。  朱音も柳畑は知らない仲でない。よって下手に声などかけられれば最悪だ。さっさとこの場を立ち去るべきだろう。そう考え彼が入って来た扉とは離れた所から出ようと、きびすを返した。  しかしほんの十日ほど前まで同じドラマの撮影をしていた若手の俳優に、運悪く声をかけられてしまった。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません