マリッジなブルー
マリッジなブルー

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 ジャズが好き。  コルトレーンのサックスがシーツのように私を包み込む22時。  A面とB面のある世界の、たった33回転の恍惚こうこつの中のタメ息の33回。  あの哀愁あるテナーの、枯れた音色に絡みつく空気清浄機の音。  無声映画の震動運動。  無制限な振り子運動。  陽の光を浴びて育つ雑草の歓声。  月の光を聞いて欠けていく華奢な私の感性。  小説のページをめくる音の隙間から零れ落ちる福音が、私を物語へと誘う。 「ねぇ!」 「あら? あなた……」  白いワンピースの少女。特徴的な髪留めをしているから、すぐに分かった。 「また来てくれたのね。何か飲む?」 「炭酸じゃないジュース」  そういえば、私はトマトジュースが好きな子供だった。 「幸せ?」 「幸せよ」 「嘘!」 「嘘じゃないわ」  少女は不満気にストローに口をつけた。白い管が赤に染まってゆく。  プラスチック製の血管。  血管の中のビーズのような血色素。 「じゃあ、お花屋さんにはなった?」 「ならなかったけど、花壇でお花を育てているわ」 「ケーキ屋さんには?」 「甘いものは好きじゃなくなったの」 「魔法使いには?」 「それは、なれたかもしれない」  少女の表情が明るく周囲を照らす。 「どんな魔法が使えるの?」 「新しい命を生み出す魔法とか、人に優しくなれる魔法。それと少し料理が美味しくなる魔法も」 「ふーん……」  興味を惹かれなかったのか、少女の視線は再びトマトジュースへと向く。 「貴女にはまだ難しい魔法かもしれないわね」  私の指がピアノの上を出鱈目でたらめに踊る。  調子外れな不協和音。  仲間外れな少女たち。 「本当はね、不安で何処かへ逃げ出してしまいたい」 「ほら、やっぱり嫌なんじゃん!」  今度は見覚えのある前髪をそろえたセミロングの女生徒。  三年間だけ着た、制服の懐かしい匂い。 「久しぶりね」 「私、コーラ」  炭酸の跳ねる音がグラスに溢れる。  嘆息たんそくの重い吐息が足元まで零れる。 「一緒にロックフェス行った先輩じゃないもんね。初めて好きになった人じゃないなんて、本当じゃない!」 「初恋なんて、麻疹はしかみたいなものだから」 「そうやって大人のフリして、無理しながら成長してきたのよ」 「どうして、そんなこと言うの?」 「だって、何だかしゃくさわるんだもの」 「難儀な性格してたもんねぇ」  私は世の中の常識や団体行動が苦手で、いつもピリピリと神経を尖らせているような学生だった。  そのくせ周りを気にして、可愛げは無かった。と、自分でも思う。  無味乾燥な学生生活を早く終えたくて、無闇矢鱈むやみやたらと手足をバタつかせていた。 「いろんなもの我慢して、いっぱい泣いて、私って一体何なの? ってなるじゃん」 「そういうのじゃないの。多分、自分の中の世界が新しく変わってゆくのが不安なだけ」  どんなに言葉をぎ木のように重ねていっても、この想いを形にするのは到底無理な話だ。 「私は……私は怖いよ」  彼女の瞳に涙が浮かぶ。  炭酸のシュワシュワ。  炭酸の雨のようなシュワシュワな涙。  言葉にならない泡のような痛みが弾け飛ぶ。 「何か得体の知れない別人になってゆくみたいで嫌だよぅ」 「大丈夫よ。貴女はいつだって貴女のままだから。私も、きっと同じだから」  箱庭の中で、世界を知った気になっていた生意気な子供の頭を撫でる。 「本当は自分だって泣きたいくせに」  メトロノームのカチカチ。  目の奥のチカチカ。  カチカチで弾まない心。  ガチガチで定まらない視線。 「本当は嘘なくせに」 「本当は泣きたいくせに」  鉢植えの中の憂鬱。  マリッジなブルー。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません