死神たちのリバ☆ゲーム
十六夜の月に濡れて②

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 宮様はまだ寝所にいると思っていたので、彼の声がいきなりしたのは想定外だった。 「そ、そこにいたのですか、宮様」  どういう言葉遣いをしていいかわからず、思わず丁寧語になってしまう。しかし、それに対する反応はない。 「よ、夜も更けているのに、まだ起きてたんですね」 「もう寝るところぞ」  昨日も聞いた、突き放すような言葉……ああ、また拷問タイムが始まるんだ……  もう一度この屋敷に訪れようと思った理由があるとすれば、それは昨日の彼の涙だった。しかし、いざ会って会話となると、後悔しかない。  なんで俺、ここに来てしまったんだろ。 「き、昨日はよく眠れましたか」 「寝ておらぬ」  そういや徹夜オールって言ってた。バカバカ、俺のバカ。 「で、では、日を改めましょうか」  駄目、無理。ここは戦略的撤退を敢行する。 「なにゆえ」  この世の不機嫌さをすべて集めて詰め込んだような口調。いや、マジホント、タスケテ。 「え、いや、眠たいからもう寝るんだろうなあ、とか」 「まだ、寝ぬぞ」  寝るところって言ってたじゃねーかよ!  心の中で思いっきり突っ込むも、実際に口から出す言葉が無くなってしまった。  オワタ……オワタ……  頭の中でその三文字たちが輪舞している。  と、 「なにゆえ」  宮様の方から再び言葉をかけてきた。間が繋がれたことに少しほっとする。しかし、同じ質問をもう一度した彼の思惑が解らない。  また少し沈黙が流れたが、彼がまだ何か言葉を続けようとしているのを感じた。  しばらくそのまま彼の言葉を待つ。 「そなた……なにゆえ、今宵も来たるぞ」  なんで来たのと言われても……俺の方が教えてほしい。  ただ、宮様の口調は俺を責めるようなものではなかった。不機嫌さは相変わらずだったが。 「いや、あの、き、嫌われたと思って、それで、謝っておこうかと」 「なにゆえ、そなたが嫌われるか」  それを訊きたいのは俺の方なんだってば。 「その、涙を、流してたので、何か悪いことでもしたのかと、思って」  そして訪れる、無限に続くかと思えるような沈黙。  キツイ。いやほんと、マジきつい。  この俺のガラスのハートは、この無間地獄に耐えきれるのだろうか……こうなるとわかっていて来てしまった自分は馬鹿かドMかのどちらかだろう。  そこに沈黙があるならば、破ってみせよう、ホトトギス。 「あ、あのー」 「我に、嫌われたとて、困ることのあるや?」  たっぷりと時間を置かれた後、何かしゃべらなければと思って出した言葉に、宮様の言葉が重なった。  私に嫌われたところで、困ることがあるの? そう問いかける宮様。  あー、この場合、「オレに」かな。んー……  昨日見た宮様の顔に、いくつかの一人称を当てはめてみる。しかし、いいものは見つからなかった。  実際のところ、宮様に嫌われたところで、何か困ることはないだろう。正直、宮様はあまりいい情報源には思えない。ずっとこの屋敷の中にいるのだろう。情報収集の役には立たなさそうだ。  そもそもなぜ、俺はこの屋敷に戻って来たのだろう。もちろん、ルースが俺をここに連れてきたのだが、でも俺はここに来ることを自分自身で望んでいた。  それはやはり、心のどこかに、あのことが引っかかっていたから、だろう。  彼の涙の訳。理屈ではなさそうだ。俺はただ、それが知りたかった。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません