死神たちのリバ☆ゲーム
ピュア・ホワイト・ナイチンゲール⑨

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 ルースの反応は、意外なものだった。  もしかしたら、死神と呼ばれることは珍しくないのかもしれない。それに心を痛めているのだろうか。少し申し訳ない気持ちになる。  ……誰に、というのはこの際置いておこう。 「あ、いや、そういうつもりで言ったんじゃ……」 「魂はね、」  ルースが、うつむいたまま言葉を続ける。 「連れて行かないと消滅してしまうんだ。魂には、その人間の人生の記憶がつまっていてね。ボクらはそれを回収し、保管しているんだよ」 「ボクらって、魂を集めているやつらが、他に何人もいるってことか?」 「うん、そうだね」 「ふむ……魂に記憶があるのか?」 「そう。魂といっても、多分コノエが想像しているものとは少し違うと思うけど、ね」  墓場に飛んでるアレとか、心霊写真に写ってるアレとか、そういうのではないのか。 「ちょっと、想像つかない」 「死ぬといってもね、人間の精神は消えないんだ。また新たな肉体を得て、別の人生を生きる。何もかも忘れてね」 「ん? 魂と精神は違うのか? ってか、生まれ変わりってあるのか? 何、俺も生まれ変わり?」  ルースが視線を上げる。表情に明るさが戻っていた。  艶やかな白い髪が、首元で切りそろえられている。うなじというものには色気があるというが……  ドキッとして、思わず視線を上に逸らせたが、ルースは俺の腕を抱えたまま放そうとはせず、その距離が近すぎて平常心を保つのに苦労する。  俺、何やってんだろ……相手は男だってのに。ショックなことと、アンビリーバボーなことが立て続けに起こっているから……と思いたい。    ルースの中性的な顔立ち。分かってしまえば男性に見えるのだが、見ようによっては女性にも見える。こんなに密着していれば、自然と『そういうこと』を考えてしまうのが男の悲しき『サガ』なのか。  一生懸命に無関係なことを考えようとしたが、心臓の拍動はどんどん速く大きいものになっていく。 それがルースにばれているような気がして、視線をルースに戻せないでいる。 「そのことを手短に説明するのは難しい、かな。また追々、だね」 「そっか」  そんな俺の気持ちを知ってか知らずか、ルースは何事もなかったように話を締めくくった。 「んじゃ、ルース、その『魂』ってやつを集めに行こうぜ」  ふと、ルースの腕の力が緩む。俺はルースを押し、体をルースから離してみた。支えを失った体が、再び無重力の空間を漂い始める。  視線の先には、もわもわとした雲のような壁。ただ白いだけの空間。ルースの髪も肌も真っ白なだけに、黒い上下の服装と、紅い目だけがその空間に浮かんでいるように見える。  俺を見るルースの目が、ふっと緩んだ。 「名前」 「ん?」 「呼んでくれたね」  言われて、気が付いた。 「あ、ああ、まあ、気が向いたんだよ」 「そう、なんだね」  ルースは、思わせぶりに微笑むと、何の不自由もなくまた俺の方へと近寄ってくる。そのままルースに腕をつかまれ、抱き寄せられる。 「いや、あのな、ルース。そんなにくっつくなよ」 「なぜ?」 「なぜって……おかしいだろ」 「何が?」  別に俺をからかっている風ではない。どうも素でそう聞いているようだ。 「こういうことは、付き合ってる相手とするもんだ」  俺の答えに、ルースがふふっと笑った。 「コノエはボクに、『付き合ってくれ』って言ったじゃないか。なら、おかしいことは何もないと思うけど」 「あれは冗談で言ったんだ。だいたい、付き合うってのはな、男と女が」  俺の体がくるっと回され、ルースが俺を背中から抱きしめる。ルースの手が俺のTシャツの中へと…… 「男と女が?」  耳元での囁き。高く透き通った、悪魔の囁き。 「ちょ、待て、何してんだよ」  小さいころから剣道をしていたからか、俺の体には、人に見せても恥ずかしくないくらいには筋肉がついている。  ルースの手が、まるでそれを確かめるように、俺の体を這い始めた。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません