死神たちのリバ☆ゲーム
ディープ・クリムゾン・サフラワー②

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「まずは『魂の選別』からだね。探すのは、できるだけ『濃密』な経験をした、できるだけ『純粋』な魂だよ」  言葉は軽快だが、ルースの口調の裏に、なんだろ、どよどよとした、いや、ぐろぐろとしたものを感じる。 「すまん、さすがに意味が分からない」 「どんな魂でもいいってわけじゃない。簡単に言うと、短時間で多くの経験をした、意志の強い人間の魂、だね」 「アンド、死にかけを探すのか? 随分とハードルが高いな」 「そうだね。だから、選別に一番時間がかかる。『死にかけ』じゃなくて『死にゆく』なんだけどね」  俺はいつか、その違いが分かる男になるんだろうか。 「間違ったのを選んでしまったらどうなるんだ?」 「最終的な選別はボクがやるから、そこまで気にしなくても大丈夫だよ」  人間全員の魂を集めるわけじゃないのか……まあ、そういうものなのだろうと納得してしまった俺の横で、突然ルースの体がピクっと動き、俺の腕を抱きしめる力が緩められる。 「ん? どうした?」  ルースは少し視線をずらし、考え事をしている風だ。 「コノエ、すまない。少し用ができたみたいだ。後は頼めるかな」 「ちょ、ちょっと待った。いきなり放置プレイかよ」 「情報を集めるには、とりあえず人間と話をするといいよ。今のところ危険はないから」 「いや、だから、勝手に話を……」  言い終わらないうちに、ルースは俺の目の前から、文字通りパッと消えてしまった。  ちょ、なんだよそれ、そんなテレポートみたいなことができるのか。  ってかルースは、もしかしたら、俺の態度に怒ったのだろうか。  ……いや、いや、それは俺の勘違いだ。それで何度失敗してきたことか。  俺を誘惑しようなんてのは、女性だろうが男性だろうが、そう、都市伝説なんだよ……あの子がそうだったように。 「おい、せめて、ジャケットと靴くらい用意しろー!」  ルースが消えて誰もいなくなった空間に、言葉だけがむなしく響く。 「ったく、どうしろっていうんだよ」 「とりあえずこれを使ってくれないかな」 「うわっ」  いきなり再出現したルースに、思わず大きな声を出してしまう。  ルースから手渡されたものは、月明かりではよくは見えないものの、モフモフとした毛皮のコートらしきものとスリッパのようなものだった。 「瞬間移動できるんなら、俺も連れてってくれればいいんじゃね?」 「地面とか壁とか建物とかにめり込んでもいいのなら……」 「うん、遠慮する」  リアルで『*いしのなかにいる*』はごめんだ。 「じゃあ、後で。何かあったら、呼んでくれていいよ」  どうやって呼ぶんだよ、と訊く隙も与えず、またルースは忽然と消えてしまった。 「やれやれ、本気の放置プレイかよ……伝説の『六甲降ろし(隠語)』もびっくりだな」  肩をすくめながら、俺はルースからもらったものを、改めてチェックした。  毛皮のコートは……女もの?  この毛皮が本物かどうかは分からない。毛皮といえばイタチとかテンとかだっけ。袖を通してみると、そんなにきつくもなく着ることができた。どうも男ものだったようだ。  ほのかに木と土の香りがする。ルースの匂い。確か、ルースは俺と同じくらいの背丈だったな……これ、ルースはいつも着ているのだろうか。  もう一つは、俺のサンダルだ。いや、これを取ってくるんだったら、俺のジャケットを取って来いよ。  足元が少し寒かったが、とりあえず身支度はできた。  ここまで来たら、とことんやってやろう。  失うものなど、ナッシン・トゥ・ルーズ!

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません