死神たちのリバ☆ゲーム
ディープ・クリムゾン・サフラワー⑩

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 二人の男の姿が見えなくなったところで、再び壁沿いに歩きだす。角を曲がってすぐに、予想通り、壁にできた隙間を見つけた。  そこから入ると、ちょうど祠の横に出る。これはおあつらえ向きの隙間だ。屋敷からは祠が邪魔になって見えていないだろう。  と、祠の陰にルースが立っていた。 「ルース! どこ行ってたんだよ」  ルースのほうへと近寄り、少し非難めいた口調で質問する。 「ごめん、コノエ、ちょっとね。迎えが遅くなったかな?」 「いや、それは大丈夫。それよりもルース、部屋に戻りたいんだけど、いいか?」  ルースとの出会いも含めて、今日一日、起こったことが多すぎたようだ。帰って少し情報を整理したかった。 「本当にごめん、コノエをほったらかしにするつもりはなかったんだ。許してほしい。もう嫌になったのかな?」  陰になっているのでルースの表情はわからなかったが、不安な感情が声色に乗っている。 「違うって。調べたいことと、整理したいことと。色々、興味がわいてきた」 「そ、そうなんだね。なら、戻ろうか」  その声には、安堵さがたっぷりと含まれていた。  少し周りに注意しながら、祠の階段を上がる。扉を手前に開けると、扉の向こう側には、光点が煌めく暗い空間が広がっている。 「マジでこれ、どういう仕組みになってるんだ。入っても大丈夫なのか?」  うん、というルースの返事が聞こえたので、深呼吸をしてからゆっくりと中へ入った。ねっとりとした何かが体にまとわりつく感覚は相変わらずだ。  ここに来るまでのルースの動きを思い出し、それを真似るように体を動かしてみる。自分で動けない訳ではなさそうだ。 「俺の部屋はどっちだ?」  俺の後から入ってきたルースに声をかける。 「あの扉だよ。やっぱり、コノエはすごいな」  俺の動作を見て、ルースが感心の声を上げた。 「ふっ。状況分析は得意なんだよ。計画性はゼロだけどな」  ルースの指差した方向に視線を向けると、ドアが一つ浮かび上がって見える。  足に意識を向け、足を曲げる。伸ばした瞬間に意識をドアのほうへ向けると、体は滑るようにドアの方へと進んだ。ドアの手前で足を前に出して、足に意識を向けると、止まることができた。重力は感じないから、全くもって変な感覚なのだが。 「ボクが必要ないってのは、なんだかつまらないよ」  ルースが不満げな声を上げながら、後ろから体を寄せてくる。 「まだうまくは動けないし、そもそも、どこに何があるかわからないんだから、一人だと迷うだろ。こんなところで迷子は勘弁だからな」 「ふふふ。そう、だね」  ルースはそのまま俺の体を後ろから抱きしめた。細くしなやかな腕。黒いゴシックシャツの袖から伸びる腕が白く眩しい。  そう言えば、屋敷にいた『宮様』も、透き通るような白い肌をしていた。まあ、でも、ルースの方が更に白いか…… 「いてっ!」  耳に走る痛み。ルースがいきなり、噛んだのだ。 「なにすんだよ」  慌てて振り向く。ルースが、少し怒ったような顔を見せていた。 「な、なに?」 「別に」  ぷいっと、ルースがそっぽを向く。全く意味が分からなかった。  俺の部屋に通じているという扉に近づき、そこへと入る。見慣れた、少し散らかった部屋。ふっと、安堵の息をついた。  もうすでに夜も遅くなっていた。用があると言ってまたルースがどこかへ行ってしまったので、俺は手短に晩御飯を済ませた後、パソコンを使って、気になったことをいろいろ調べてみる。  明日は大学に行かなくてはならない。全くなんて忙しい一日だったのだろうと溜め息をつき、時計を見ると夜の二時を過ぎていた。  慌てて風呂に入り、そのまま布団へと直行する。  宮様の――彼の涙が、脳裏から離れなかった。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません