死神たちのリバ☆ゲーム
ディープ・クリムゾン・サフラワー⑨

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 屋敷を出ることにしたはいいが、一体どこへ行けばいいのか、俺は途方に暮れていた。  流れ上そうするしかなかったのだが、俺は藤に見られるのも何かと思い、いったん門から屋敷の外へと出る。  帰ることができるとすれば、あの謎空間から出てきた場所、つまり持仏堂からだろう。しかし、庭を通って直接こそへ向かえば、さすがに怪しいというものだ。  一旦外に出て、別の所からもう一度中に入りたいのだが……  そういえば、目的をすっかり忘れていた。『魂の選別』なることをしなければいけない。その方法はおいておくとして、どうにも時間がかかりそうだ。なにせまだ二人にしか会えていない。  昼間に来ればいっぱい人がいるだろうか? しかしどうみてもこの屋敷は、人気が少なそうだった。もっと、人が多いところに行かなければならないようだ。  それにしても、この屋敷には何人が暮らしているのだろう。あの二人以外にももう少し誰かいるのだろうが、屋敷の外も中も寂しさが漂っていた。  とりあえず外壁沿いに歩いて、もう一度敷地の中に入れるところを探すことにする。崩れているところが数か所あったので、どこかに体が通る隙間くらいあるに違いない。  と、前から歩いてくる人影が見えた。挿絵などでよく見る平安貴族の普段着姿の男が二人。 「やや、かの邸より人が出てきたぞ」  そんな声が聞こえた。どうも俺を見て言っているらしい。こんな夜中に一体何をしているのやら。他にすることがないのか、お前ら。 「もし。どちらのお方かな」  背の高い方の男が声をかけてきた。物腰の柔らかい優しそうな男だ。見ず知らずの俺にいきなり声をかけてくるとは……何の用だろう。 「おいおい、こいつは今時、毛皮の表着を着ているぞ」  背の低い方の男が、小馬鹿にしたように笑う。 「中将、そのようにあからさまに言うのはよくない」  もう一人がそれをたしなめる。会話からして二人は友人関係のようだ。いやあ、『中将』のお出ましかよ。貴族だな。 「おかしいか?」  俺は、不機嫌な気分を隠しもせずに答える。 「気分を害したなら謝ろう。毛皮の中でも黒貂ふるきなどは高価なものなのだが、もう流行ではないのでな。彼は思わず口にしてしまったのだ。許してやってほしい」  背の高い優男のほうが、すぐにフォローを入れた。  まあ、ここで喧嘩しても仕方ない。それより情報が欲しい。 「別に気にしてないけど、毛皮ってのはそんなにおかしいものなのか?」 「そうだな、もう着ている人は少ない。田舎者か変人か、と言われるのが嫌なら、あまり着ない方がいいだろう」  なるほど、毛皮ファッションは、馬鹿にされる対象なのか。で、背の低い男は「こいつ、なんてダサい恰好をしてるんだ」と馬鹿にしたわけだ。  でも宮様も着ていたな……あれも、『ダサいファッション』ということか。 「なるほど。忠告ありがとう。ついでにもう一つ聞かせてもらってもいいか?」 「なにかな?」 「ここの姫君のこと、知ってる?」  まあ、姫君はないんだけどね。 「もちろん。こちらの中将が興味を示していたのでね」  話を振られた男――背の低い方が、会話を引き継ぐように続ける。 「なんだ、君は上総宮の姫君を訪ねたのではないのか。ここの姫君は歌を送っても返事がないし、礼儀というものも知らないらしい。噂では酷い声の持ち主だと聞いた。今晩、屋敷を訪ねる算段だったが、やめたのだ」  あ、そう。お前の行動に興味なんか……  そこでふと、気が付いた。 「もしかしてあなたは、近衛の中将殿ですか?」  丁寧語に変えて探りを入れた。平安時代だと確か『近衛』は官職名だ。俺の親父は、それを俺につけやがったのだが。 「そうだとも」  うわ、ビンゴかよ。 「そうとも知らずに失礼しました。このような下﨟げろうの為にお時間を使わせて申し訳ございません。私など気にせず先にお進みください」  俺はそういうと、仰々しく道を開けてみせる。二人はそれ以上俺に興味を示す様子もなく、「そうか」と言ってそのまま歩き出し、何事もなかったように屋敷の前を通り過ぎて行った。  経験は多そうだが、魂は『腐ってやがる』状態だな。ただ、もらえた情報には感謝しなければならないだろう。  あの宮様は、『上総宮の姫君』と呼ばれていて、歌は返さない、男にはつれない、酷い声の持ち主といううわさが広まっている。そして今日、『近衛の中将』が来る予定になっていた。  ……だから、俺を見て『中将殿ですか?』と尋ねたのか。  んー、確かに鼻にかかったようなハスキーさはあったが、聞きようによっては可愛らしい声だろうに。まあ、女性の声として聴けば、そういう印象を持つのかもしれない。  改めて彼の涙を思い出してみる。あれは、どういう涙だったのか。  やはり謎は解けそうになかった。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません