死神たちのリバ☆ゲーム
ピュア・ホワイト・ナイチンゲール⑦

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 ドアをくぐると、そこは……  周りを見ようとして、直ぐに異変に気が付いた。踏みしめるべき地面の感触がない。なのに、慌てて足を動かすと、その方向へと体が急に動き出す。 「うわっ!」  あらぬ方向へ行こうとした俺の手をルースが引っ張る。俺の体がふわりと引き戻され、そのままルースの腕の中に、後ろから包むように抱えられた。 「危ないよ」 「お、おう」  まるで固い液体の中にいるような感覚だ。 「大丈夫?」  ルースが耳元でささやく。ぞくっとした感覚を覚え、慌ててルースから体を離そうとしたが、彼に抱かれていてはそれもままならない。 「だ、大丈夫だけど、ちょっと、その、近いんじゃ」 「今離すと、キミはふわふわと浮いてしまって、じっとしているのもままならないと思うけど」  そう言ってルースが、さらに強い力で俺を抱きしめる。  ほとんど筋肉というものがついていなさそうな、華奢な体。骨格をダイレクトに感じる平べったい胸。背中にあたるルースの感触が、彼が正真正銘の男であることを物語っていた。  ふと、ルースの匂い――木と土の香りが鼻をかすめる。  するとなぜかまた、鼓動が速くなるのだ。 「こ、ここは、どこなんだ?」  どうにか意識を他へと向けようとして、今度はゆっくりと辺りを見回す。  真っ黒、ではない。濃紺というべきか。四方八方、その色がどこまでも続いている。その中に、金平糖をばらまいたように、白く光る点がいくつも浮かんでいた。 「ここは、ボクの城。世界と世界を結ぶ回廊、ともいえるかな」  ルースの吐息が耳にかかる。  ほんと、まじ、やめて欲しい。 「すまん、イミフだ」 「でも、人間がここに足を踏み入れると、魂が体から離れてしまうから、気を付けてね」 「そもそも人間がどうやってこんなところに」  来るんだよ……って、ちょっと待て。 「お、俺は大丈夫なのか? 俺は人間だぞ」  まだ肉体とおさらばしたくはない。ドアの方へ戻ろうと手足をばたつかせてみるが、ルースの腕から逃れることはできそうになかった。  放せ、俺はまだ死にたくない! 「落ち着いて、コノエ。大丈夫だよ。さっき、『準備』をしておいたからね」 「準備?」 「うん。キミに、その、飲んでもらっただろう?」  耳にかかるルースの吐息が、なぜか湿っぽさを帯びる。  何を、とは聞かなかった。アレ、か。  なんとなく、これまでのルースの行動の意味が分かったような気がして、体の中の熱が引いていくのを感じた。  いや、こんな状況を理解するのも納得するのも不可能なんだろうが……なんだろう、諦めとも違う不思議な感覚だ。  俺が落ち着いたのを見たからだろうか、ルースがようやく俺を抱擁から解放する。体が、漂うようにゆっくりと回転し、ルースの方へと向いた。  ルースの顔には、ほのかな赤みがさしている。  事ここに来て、ルースが人間ではないことを俺は受け入れていたが、顔が赤くなるのは血が通ってるからに違いなく、ルースは『神』を自称していたわけで、神も人間と同じく血が通った存在ということなのだろうか。 「そ、そんなに見つめないでくれよ。一応ボクにも、恥じらいというものがあってね」  俺に見られるのが、なぜそんなに恥ずかしいのか、よく分からない。  世の中分からないことだらけだ。 「結局あの『お茶』はなんだったんだ?」 「あ、ああ、あれ? だからあれはボクの、おしっこだよ」  そう言ってルースは、見ている方が恥ずかしくなるくらいに顔を赤らめた。  いや、ルース、俺が聞きたかったのはお茶の効能であって、成分じゃないんだよ……  というか、蒸し返すなよ…… 「それは冗談だって、お前さっき言っただろ。いい加減、そう言う冗談は」 「え? あ、ああ、うん。『入ってる』っていうのがね。あれ、実は全部」 「もういい、言うな!!」  俺は急いでルースの口を手で押さえる。その手を、ルースの手がゆっくりと握り、口から離した。 「気持ち悪い、かな」  紅い瞳が、俺を見つめる。背中に、凍えた電気が走った。  また、だ…… 「べ、別に、気持ち悪くはないけど」  俺がそう返事をすると、ルースは、しかし今度は少し不満げな表情を見せた。  なぜ、と聞く気にはなれない。というか、考えてはいけない。  これは……地雷だ。 「ふぅん、そう。じゃあ、行こうか」 「どこへ」 「あそこ、だよ」  そう言うとルースは、近くにあった光る点の一つを指さした。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません