うたわナイト記録〈短歌〉
ちいさくなった飴を転がす

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

ごめんなさい。 今回に関しては、完全にフィーリングです。 りんご飴 はしゃぐ子どもと 桜酒 ちいさくなった 飴を転がす ・この時期のお題だし、お花見っぽい ・「飴」の反復したい ・屋台でりんご飴売ってるじゃん ・「ちいさくなる」のは飴と自分 ・飴舐めてる程度には幼いけど、ちいさくなったって感傷に浸れる程度には大人 ・ってことはお祭りの横を通り過ぎてる感じ ・お花見って付けたいけど大人要素も入れたい ・大人=お酒という安直さ ・「赤ら顔」にすると自分が飲んでるみたい ・でも自分ははたから眺めてるだけ ・どうしよ ・とりあえず「桜」入れよう ・あと2文字 ・「酒」入れよう ・日本酒に桜の花びら浮いてる感じがして風流かも ・やべえはたから見てる感がない ・あーでも子どもが大きな飴で喜んでるのに自分はちいさくなった飴を感じるって、ある意味対比だな ・じゃあ通行人じゃなくてもいいわけか という後付のものすごい回でした… 正直プライベートが短歌どころではなく それでも投稿はやめたくないなという完全なる自己満足の回です。 反省してます。 といいつつ「華やか」「りんご飴の赤と桜のピンクの対比が良い」という、かろうじて考えていた点を拾っていただいてありがとうございますm(__)m そして伊波様は今回も「桜酒」を調べてくださったとのこと… 頭が上がりません。 ありがとうございます…! 今回からはURLを貼ってみようかと。 https://youtu.be/CJZonR2wGOA 前回?の「主婦敵」と「宿敵」をかけていたというところまで拾っていただいて、 え? ご覧くださってます?(汗) 力足らずながら毎回挑戦させていただいています! 「挑戦感がある」とおっしゃっていただけて嬉しいです! もう少し歌に詰める要素を絞っていけたらいいのかなとは思いつつ、 どこまで伝わるかの挑戦でもあるようで… 楽しませていただいてありがとうございます!!

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません