ペダンティズムの時代
SF 全27話 完結済み 第1回ステキブンゲイ大賞応募作
人が番号で管理される世界。あらゆる差別がなくなった世界。破壊と汚染が止まない世界。限りない自由が保証された世界。 いつどんな時代と場所でも、変わらない人の思いがあれば移ろう言葉の意味がある。 社会と言葉を焦点に、AからZのキーワードで人間模様を切り取る短編集。 ※3000字程度の掌編がほとんどです。 ※各話に直接的な繋がりはありません。気になるタイトルから読んでいただいて大丈夫です。

小説をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次