Sedum_
2
1
ステキユーザー ステキ作家
青春 全3話 完結済み 第2回ステキブンゲイ大賞応募作
これは、ある日の、たった数時間の、星屑みたいに小さい、ぼくたちの青春。 近所の夜の公園へ散歩に行くと、制服姿の女の子がいた。 名前も年齢も知らないけど、彼女との会話は不思議と楽だった。 錆びたブランコと、サイダーの匂いがそれっぽい雰囲気をつくっている。 「青春してるねー、私たち。」 「ね。」 「あとでまた、滑り台のらない?」 「いいですよ。」 王道じゃないけど、特別な青春だ。 《Sedum_セダム》 耐寒性、耐暑性ともに優れた強靭な性質で、地表を這うように生長する。 サイズや見た目は種類によって大きく異なる。 花言葉は『私を想って』『静寂』『落ち着き』『星の輝き』 強く、育てるのに手のかからないことや、星のような花を咲かせることが由来とされている。

作品をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません