魂の間合い
(二)-13

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「嫌な思い?」 「そうよ。それが繰り返されて、デニス君が嫌な思いが強くなった場合、それは『いじめ』って呼ぶ現象になるのよ」 「いじめ……。それって禁止事項なんでしょ」 「そうよ、してはいけないことよ。あなたはしていないでしょうね」 「してないよ」 「そう。なら良かったわ。あなたは人間なんだから、そんなことをしてはダメよ」 「うん、わかった」  翌日、学校の休憩時間に男の子たちが教室で騒いでいた。遠くから「デニスは女! デニスは女!」と何度も何度もデニスの方に大声を上げていた。 (続く)

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません