魂の間合い
(四)-5(完)

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 僕はベッドの上に寝ていた。でも自宅のベッドとは違っていた。まるで医療用MRI装置のベッドのようだった。  僕は首を横に向けてみた。顔のすぐ横が装置の壁面になっていた。そしてそこは鏡面のようにぴかぴかしていた。自分の姿を見ることができた。僕の頭にはヘッドギアが乗っていた。そのヘッドギアからはたくさんのケーブルやコードが装置とつながっていた。そしてヘッドギアのおでこのあたりに文字が印字されていた。『モンスーン・ラーニング・システム』と。 「では、お休み」  博士がそう言って、装置のどこかに付いているボタンを押した。装置は急に静かになっていった。装置の電源が切られたのだろう。  そして次の瞬間、目の前が真っ暗になった。 (了)

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません