魂の間合い
(二)-9

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「これは……」  僕が言い終わる前にデニスが「お友達だからそれをあげるね」と言った。 「でもこれは現金相当物だよ」 「引換券だから、現金じゃないよ」  そう言ってデニスは笑った。  現金相当物は、会計上は現金として計算するが、引換券は現金相当物であっても、現金ではないそういうことだ。  そして、僕は引換券を受け取り、代わりに笑顔を作ってデニスに返した。  この日、一度ログアウトした後、再び学校にログインし社会科の授業を受けて、終業となった。 (続く)

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません