魂の間合い
(三)-6

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「でしょう。小学校三年生は|『ドーシン』≪システム≫については知らないし、学習しないの。私たちはアンドロイドだから、既に機械学習で知っている。でも、彼らに合わせて、それらについては知らないフリをしなくてはいけないのよ。だから、あなたもそうなさい」 「僕はアンドロイドではないよ。人間だよ」 「本当に?」 「本当に」 「わかったわ。ともかく、今後も私と友達でいてくれる?」 「いいよ」 「あなたは私がアンドロイドであることを気にしないの?」 「気にしないよ」 「そう。ありがとう」  ありがとう。感謝の言葉だ。感謝された。 「また明日会おうね」 「うん、また明日。学校で」  そうして僕はデニスの家を出た。そして自宅に戻った。ベッドに入って休んだ。 (続く)

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません