魂の間合い
(四)

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 気づいたら、僕は自宅のダイニングではなかった。見たことのない場所にいた。  中年の女性が、僕の顔を覗き込んでいた。 「目覚めたようね」 「はい。サムのシステム、起動しています」  隣の白衣の若い女性がタブレット端末を見ながら言った。 「おはよう、サム」 「おはようございます」 「アンナ、学習経過は?」 「良好ですよ、サトー博士」 「エラーや問題点は?」 「三日目に『ドーシン』の内部でいじめのシーンに遭遇した記録がありますね。処理については特に問題はなかったようです」 (続く)

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません