魂の間合い
(一)-3

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「あなたなら学校の勉強がわからないなんてことはないと思うから、安心して行ってきなさい」  勉強。そう、学習のことを勉強という。  そして僕はパパとママと朝食を食べた。パパとママの食べ方をマネして食べた。  それから僕は自分の部屋に戻った。ママもついてきた。僕はベッドに寝た。ママがベッドの脇のデスクの上に置いてあるVRゴーグルを手に取り、僕の頭にセットしてくれた。 「電源、入れるわね」  何かの音がした。モーターの音だろうか。  視界に何かが見えた。学校だった。僕は学校の正門前にいた。 (続く)

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません