魂の間合い
(三)-4

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 デニスは足の向きを小刻みに少しずつ斜めにずらしていって、体の向きを回転させていった。僕に背中を向けたところで止まった。その背中には、四角い筋が描かれていた。いや、溝が掘られていた。これが入れ墨というものか。 「入れ墨をいれているの?」 「そんなもの、していないわ」  四角い筋のところがパカッと音を立てて開いた。扉になっていた。中にはデジタルモニターがあり、文字が書いてあった。 「私、アンドロイドなの」 「デニスさんはアンドロイド!」 「このことは内緒よ」 「内緒? 秘密って事? 誰にも言ってはダメ?」 「そう、内緒」 (続く)

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません