恋愛 全2話 完結済み 第1回ステキブンゲイ大賞応募作
 別れ話をするために、主人公が彼女が待っている喫茶店まで向かう道程で脳裏によぎる、感情の機微と想いの変化を綴った掌篇小説。

小説をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません