黒い犬
ヒューマンドラマ 全21話 完結済み 第1回ステキブンゲイ大賞応募作
「書きたいもの」を見失った小説家のアレンは、休暇のために訪れた田舎町の教会で弔う人のいない合同墓の手入れをする青年、ディディに出会う。 襟の高いシャツに首元に巻かれたスカーフ、ほっそりとした腕に残された幾筋もの傷跡――どこか危うい翳りを帯びた彼と静かに心を通わせていくそのうち、アレンはディディの負った癒えることのない傷を知り、彼の心に寄り添うための物語を書きたいと願うようになる。 ふたりの「かつての子どもたち」をめぐる、欠落を抱えた人々のための祈りと救いの物語。

小説をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません