純文学 全9話 完結済み 第1回ステキブンゲイ大賞応募作
婚活は物件探しみたいなものだ。と香織は思う。ただ、探している香織自身も物件なのだ。物件が物件を探すという不思議な行為をしていることについて、その不思議さを香織は考えようとしない。今は。 これは途中の話。彼女はたぶんどこかにたどり着く。でも、まだたどり着けない。そんな途中の話。

小説をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません