作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 頼りにならない地図を頼りに、二人はようやくドラゴンの棲み家に繋がると思われる坑道の入り口を見つけた。  ファルサーは用意していた松明を灯し、坑道内に踏み込んだ。 「わっ!」  さほども進まない所で、足を滑らせた。  坑道内は湿気が篭もっており、ところどころの岩がドラゴンの炎に溶解されていて、そこが濡れて非常に滑りやすくなっている。  取り落とした松明は、少し先まで転がっていき、か細い煙を上げて消えた。 「ひどく滑るな」  そう言いながら後ろから着いてきたアークは、さほど身体のバランスを崩した様子もなく、ファルサーに手を差し出してくれている。 「これは参ったな…」  片手を岩に付いて歩けば、それなりに安定もするが、もう片方の手には松明を持たねばならない。  つまり咄嗟の時にも、即座に剣が抜けなくなるという事だ。  どうしたものかと思案するファルサーの目の前に、小さな灯りがフワフワと過ぎっていった。 「これは…昨日の虫ですか?」 「そうだ。松明ほど明るくは無いが、全部を放てば相手の顔ぐらいは見えるだろう」 「ありがとうございます」  フワフワと舞い飛ぶ昆虫は、道案内をするようにファルサーの先を飛ぶ。 「この虫たちは、ドラゴンの気配を察しているんでしょうか?」 「私が手を加えた事で、彼等は魔気ガルドレートを好む傾向がある。気配では無く、ドラゴンから溢れ出るの魔気ガルドレートに誘われているのだろう…。たぶんだがな」 「たぶんなんですか?」 「研究というものは、望む結果と、望まざる結果と、予想外の結果が得られるものだ」  しばらく進んだところで、アークはファルサーの肩に手を掛けてきた。 「なんですか?」 「この先に、大きな気配がある」 「ドラゴン…ですか?」 「ああ。君に戦略はあるのかね?」 「そうですね。ほとんど無いに等しいでしょう。どう仕掛けたところで、向こうの方が圧倒的なチカラを持ってますから」  そう答えた後、ファルサーはおもむろに深呼吸をしてから、目を閉じて口の中でぼそぼそと何か祈りのような言葉を呟いている。 「それは、どういった儀式なのだろうか?」 「儀式…と言うほどのものじゃありません。ジンクスですね」 「なにに対する呪縛ジンクスなのかね?」 「試合をする前に、軍神に勝利を祈願するんです。コレをやらずに試合に出た時に負けたんで、それ以降は戦いの前には必ずやるコトにしてるんです。まぁ、今回ばかりは意味が無いと思いますケド」 「そもそも、思い込みだと思うが?」 「そうですね。でも思い込みが暗示になれば、それだけ勝機も強くなるんじゃないですか? 同僚も、ジンクスを持っている者の方が多かったですよ。軍神以外のものに祈る者もいました。親しかった奴はイルンと言う不滅の神を信じていて、その神に見初められると神の力を与えられて、勇ましく戦って死ぬと、美しい戦乙女が迎えに来てくれると信じてましたよ」 「では、今の君は軍神では無く、私に祈りを捧げるべきなのでは?」  アークの言葉に、ファルサーは一瞬ビックリしたような顔をした。 「確かに、今はいるかどうか判らない神じゃなくて、目の前のあなたに力を貸して欲しいと願うべきですね」 「こちらを向きたまえ」  アークはファルサーに真っ直ぐ立つように促し、指先を額に当ててきた。 「冷たい手をしていますね」 「黙って、動かないでくれたまえ」  指先で額をくるくると撫でた後に、アークは何かを取り出して、ファルサーの額に線を描き始める。  黙れと言われていたので、ファルサーはアークが作業を終えるまで黙っていた。 「なんだろう? 涼しくなった気がします」 「君の額に、ヘンジを刻んだ」 「刻んだ? 書いたんじゃないんですか?」 「呪文スペルは、音…つまり声で詠唱チャントするか、空中に指先でサークルを描く事によって、術を顕現させるものだ。だが時間差を付けた発動や、しばらく維持したい場合など、物理的に描いた方が都合が良い時には、特殊な道具を使ってサークルを描く。その特殊なペンで描かれたサークルヘンジと呼び、本来は形の残らない状態で使われるものを敢えて形に残すので 、”刻む” と表現するのだ」 「それって、ホントは書いてるだけのコトを、刻むと表現してるってコトですか?」 「まぁ、そうだ」 「僕はそもそも学が無い所為もあるんでしょうけど、魔法ガルズって難しいですね」  ファルサーの答えに、アークは微妙な表情をしたが、今は ”それどころではない” と判断して、気になった事を敢えて無視した。 「君の額に、火炎耐性フレイムレジスタンス物理攻撃耐性プロテクションといった複数の呪文スペルを組合わせたヘンジを刻んだ。これ以上の詳細を説明されても迷惑だと思うので省略するが、これでドラゴンの豪炎のブレスにも耐えうると思う。持っている剣を貸したまえ」  ファルサーがグラディウスを差し出すと、アークはそれにも手に持っている物で何かを描き付けている。 「氷の剣になりますか?」 「素材的に、無理だろう」 「では、なにをしているんですか?」 「君に施した物と同じ術に、攻撃力が上がる術も加えておいた」  一渡りの術式の記述が終わったところで、アークは改めた様子で顔を上げた。 「さて。あのドラゴンは、言語はかいさないが知能は非常に高い。見た目は少々厳つく巨大なトカゲのようだが、その姿に騙されるな。それと私は、術式の本を読んだ事があるだけで、実生活でそれらを頻繁に使用した事が無い。更に実戦の経験も無く、戦略なども良く知らない。故に多少のアシスタントは出来るが、相棒としてはかなり頼りない存在だ」 「僕としては、ここまで着いて来てもらえただけで感謝のしようもありません」  ファルサーは、手を伸ばしてアークを抱き寄せようとした。  アークはファルサーの頬に手を当てて、そのまま互いに引き寄せ合うような形で、唇を重ね合わせる。 「僕の気持ちを読み取って、僕に合わせてくれているだけだって判っていますが。でも、こうしていると、まるであなたと想い合っているような錯覚を覚えます」 「そう思ってもらっても、私は一向に構わないがね」  少し寂しい微笑みを浮かべ、ファルサーはアークから離れた。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません