作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「いや驚いた、あんな凄い風呂場を、どうやって作ったんです?!」  部屋に戻ったファルサーは、そこに居たアークにやや興奮気味に話しかけた。 「私がそんな土木労働をするような、物好きに見えるかね?」 「物好きかどうかはともかく、労働をするようなタイプには見えないな」 「そうだろうな。そこに食事を用意した。物足りなかった場合は言ってくれれば、追加を用意する」  テーブルの上には、パンとスープが置かれていた。 「いただこう」  ファルサーは椅子に腰を降ろし、食事に手を付けた。  手に取ったパンは石のように堅く、スープは熱々だったが味が殆どしない。  だがファルサーはその事に文句は言わなかった。  アークは部屋の奥にある調合台に向かって、なにやら作業をしている。 「ここに、ずっと独りで?」  食事をしながら、ファルサーはなんとなく作業をしているアークに話し掛ける。 「そうだ」 「寂しくはないのか?」 「独りの方が、気兼ねがなくて良い」  アークの返事は素っ気なかったが、話し掛けられる事を拒絶している様子無い。 「何の作業をしてるんだ?」 「薬の調合だ」 「秘薬か何かの?」 「ただの血止めの軟膏や、咳止めのドロップだ」 「僕が集めていた植物は、それに使われているのか?」 「一部はな」 「それを、どうする?」 「町の市場に持っていく。ただの暇つぶしだ」 「収入ではなくて?」 「収入など、必要無い」  奇妙な返事だな…とファルサーは思った。  だが町の老爺はアークの事を ”山の精霊の加護を受けた長命の者” と言ったし、老爺の話を裏付けるために聞いた話では、”不老不死を得るために精霊と話をしようとしている” などとも言われていた。  島に棲むドラゴンは非常に危険な妖魔モンスターで、近隣諸国でちょっとした軍備を所持していたら、大なり小なり被害を受けた事があり、度々大掛かりな討伐隊が派遣されているが、今もまだそこに棲み続けている。  簡単に言えば討伐が不可能な妖魔モンスターであり、どんな周到な準備をした軍隊であっても、最後は這々の体で逃げていくのがお決まりのパターンらしい。  ファルサーはドラゴンを見た事は無く、ただ噂話を聞かされただけだが、巨大な投石機や火薬を使って鉄球を撃ち込む大砲すらも易々と溶解して食らうらしい。  町の者達は、そのドラゴンに対抗するために、高位の魔導士セイドラーを編成した軍隊でも、湖を渡る時には ”隠者のビショップ” の手を借りるという。  だとしたら、国家事業にも匹敵する報奨金が支払われている可能性もある。  アークの言葉通り、山を歩き回って草木を集め、ちまちま咳止めドロップを作る事は、仕事ではなく暇つぶしなのだろう。  むしろそういった財産を持っているなら、こんな場所にある事を除けば貴族の館のようなこの邸宅の説明も付く。  ただやはり、奴隷も使用人も見かけない事は疑問だが。 「あなたはもう食事を済ませたのか?」 「必要無い」 「なぜ?」 「君に食事をしろとは言ったが、私を質問攻めにしろとは言ってないぞ」  ずっと自分の手元だけを見て作業をしていたアークが、顔を上げてファルサーを睨みつけてくる。 「質問攻めにしているつもりは無い。ただ、あまりにも不思議な…常識から外れた返事ばかりするから、つい訊いただけだ」 「君の常識が全てに通用しないと、考えた事は無いのか」 「確かにここの状況からすれば、僕の常識が当てはまらないのは当然だと思う。だが、飯を食う必要が無いなんて、僕以外の誰にだって当てはまらないだろう」 「それは ”人間リオンの常識” だ、私には関係無い」  アークの答えに、ファルサーはびっくりした。  町の者達の噂やアークの風貌から、少々風変わりな者だとは思っていた。  しかし人間リオン以外のヒトガタをした種族なんて、おとぎ話にしか存在しないと思っていたファルサーは、隠者のビショップは人嫌いの魔導士セイドラーが、人里から離れた場所で暮らしているのだろうと思っていたのだ。 「あなたは、人間リオンでは無い?」 「だから、なにかね?」 「能力値ステータスの高い魔力持ちセイズなのか?」 「だから、なにかね?」 「耐久能力デュラビリティ運動能力アジリティも高い?」 「だから、なにかね?」 「僕と同行願えないだろうか?」  唐突な申し出に、アークは絶句したようだった。 「突然こんなコトを言われて迷惑なのは充分承知してる。だがあなたが言った通り、僕に科せられた命令は、物好きを通り越した無謀な命令だ。この麓の町に来るまでに、人ならざる者の手を借りる以外に達成は不可能だと散々言われてきた。ここであなたに出会えたのは…」 「冗談じゃない!」  バンッと、アークはテーブルを叩いた。  ファルサーは黙ったが、それでもジッとアークの顔を見つめ続けている。 「私が君に同行する、義理は一切無い」 「無理な頼みだと解っている」  二人はしばらく互いを睨み合っていたが、やがてアークの方が視線を逸らし、部屋から出て行ってしまった。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません