作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 大天狗はゆっくり口を開いた。 「異形なる者あらわる時、岩戸は開かれよう」  あの言い伝えだ。  大天狗は言葉を続けた。 「岩戸を閉じたのは、異形なる者だ」  ちらりと小夜子に目をやって「それがおぬしだと言っているのではない」と断った。 「過去の多くの異形なる者どもだ。ふたつの世界をつなぐ出入り口を次々にふさぎ、もっとも大きな出入り口をあの岩戸で閉じてしまったのだ」  大天狗は長い鼻で近くの岩を差した。直径五メートルはあろうかという大きな岩だ。岩には太い注連縄がかかっている。 「あれが岩戸……」 「こればかりはわれら天狗の通力もきかぬ。異形なる者によって結界が張られているのだ。小鬼よ、われらとて試さなかったわけではないのだ。異形なる者の力は、われらの力を超えている」  神楽は頭を垂れ、先ほどの失礼をわびた。 「まあよい。やっと異形なる者が現れたのだからな」  大天狗に見つめられて、小夜子は体をこわばらせた。大天狗におびえているのではない。天狗の通力でもかなわないことを任される務めの重大さに、押しつぶされそうになっているのだ。 「……無理よ」  小夜子は涙を浮かべて言った。 「小夜子どの……」 「どうすればいいか、さっぱりわからないもん。岩戸を閉じた人はきっと大勢いたんだわ。でなきゃ、こんな大きな岩を動かせるわけない」 「そんなことをおっしゃらずに。なにか方法があるはずです」  神楽は必死に小夜子を励ます。けれども、神楽も心の中では、無理だろうと思い始めているのが力ない声で伝わってくる。どんな方法であろうと、たったひとりの女の子に、そんな力があるはずがない。しかし、巫も小夜子こそ異形なる者だと認められたのだ。だからこそ天つ山への旅を命じた。それを信じるしかない。――そんな神楽の心の声が聞こえるようだ。 「ごめんね、神楽。多々良村を救えなくて」 「諦めてはなりません。具楽須古の種はどうするんですか? 小夜子どのは、ご自分の世界に帰りたくないのですか?」 「帰りたいに決まってるじゃない!」  小夜子は声を荒げた。 「でも無理なの! できないの!」  小夜子は泣き叫んでいた。神楽はもうどうしていいのかわからないというように、おろおろしている。  大天狗が小夜子の肩を抱いた。 「……言霊の力を知っているか?」  どこかで聞いた言葉だ、と小夜子は思った。どこでだっただろう……。 「無理とかできないとか口にしてはならん。本当にそうなってしまう。諦めずに方法を見つけるのだ」  大天狗は言った。  やはり、同じような話を聞いたことがある。いつ? どこで? だれから?  神楽が近づいてきて、小夜子の手をとった。 「小夜子どの。あなたは初め、この世界の存在すら認めようとしませんでした。それが天つ山の岩戸まで来てくださったのです。まだ諦めるのは早すぎます」  そうだ。そうだった。ずっと夢の中のできごとだと思っていた。ちがう。夢だと信じようとしていたんだ。けれど、巫が言った。ものごとには初めがある。それより前だというだけで、ありえないことにしてしまうのか、と。 「小夜子どの?」  神楽が心配してのぞきこむ。小夜子はそれを手で制した。 「待って。なにか思い出せそう……」  そう、そこで言霊のことを聞いたんだ。言葉の内容に応じて、現実も動く。だから、この世界を否定すると、小夜子自身の世界から切り離されていく、と。 「あ」  小夜子は目を見開き、頭を抱えた。  もう少しだ。もう少しでなにかがわかりそう……。  神楽は小夜子に言われた通り、待っていた。目を閉じ、手を合わせて。  大天狗はそんなふたりと岩を見比べた。通力も持たない女の子に岩戸を開くことができるのか、大天狗でさえ信じ難いのだろう。  小夜子は巫の言葉を必死に思い出そうとした。そこにヒントがある気がするのだ。  昔はふたつの世界を自由に行き来できた。けれど、信じなくなった人が出てきた。この世界に来たばかりのころの小夜子みたいに。その信じなくなった人たちによる否定の言葉のせいで、道がふさがれて――。 「……それだ!」  唐突に小夜子が大声を出したので、その声に弾かれるように神楽はしりもちをついてしまった。 「さ、小夜子どの! なにかわかったのですか?」 「できる」 「まことですか!」  神楽は勢いよく立ち上がった。大天狗は「ほう」と言って、頼もしそうに小夜子を見下ろした。  小夜子は岩戸に両手をついた。 「言霊よ。この世界の存在を信じなくなって、それを言葉にしたことで、ふたつの世界は閉ざされたのよ。だから、その反対のことをすればいいんだわ。来たばかりのころのわたしにはできなかったけど、今なら、きっとできる」  そう言いきった小夜子の瞳は、光を発しているように見えたことだろう。神楽が思わずといった様子で見とれている。そしてハッと気づいて、それをごまかすように、 「なにか、手伝えることはありますか?」  と言った。 「そうねぇ」  小夜子は口元に手をあてて、少し考えて言った。 「神楽も一緒にやろう」 「わ、わたしもですか?」 「岩戸が開くところを想像するの。心から信じて」  神楽はうつむいた。 「……できません」  大天狗が目を閉じ、静かに首を振る。 「異形なる者よ。おぬしの方法は正しいのだろう。なるほど、それならば、われら天狗でさえ成せなかったことも説明がつく。そのことの意味が、おぬしにわかるか? なぜおぬしを待っていたのだと思う? なぜ異形なる者が、岩戸を開けるのだと思う?」  そう言われれば……。なぜだろう? この世界のだれかがやればいいことだ。なにも異世界の人を待つことはない。しかも、空想や想像する力が必要だという小夜子の考えが正しければ、小夜子のような現実的すぎる子供なんて、役に立たないはずだ。神楽でも芙蓉でも碧落でもよかったはず。大天狗でも。  しかし、彼らは異形なる者が現れるのをひたすら待ち続けた。なぜ? 小夜子は大天狗を見上げた。長い鼻の上にある大きな目が、まっすぐ小夜子を見つめている。 「わからぬか? 餓鬼どもが求めていたものだ。異形なる者しか持たぬものだ」 「餓鬼が? 具楽須古の種のこと? そんなの持ってないわ。岩戸を開くのは、具楽須古の種を手に入れるためでもあるんだから」 「……まったくわかっておらぬのだな。小鬼よ、この娘ではやはり無理かもしれぬぞ」  大天狗は残念そうに言った。しかし、神楽は「いいえ」と言いきった。 「わたしは信じております。小夜子どのこそ、わたしたちの待ち望んだ異形なる者であると。今までにも幾人かの異形なる者が、この地に来られました。しかし、だれひとり、ここまでたどりついておりません。小夜子どのはご自分で気づかれていないだけで、強い力を持つ方だと、わたしは信じております」

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません