心に花を、世界に音を
#20 この音を、ずっと待ってたんだ。〈円藤咲子〉-2

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「お邪魔しますー。咲子ちゃん、こんにちは!」  リビングに入ってきた伊織さんは、今日も爽やかに笑っていた。髪が短くなったからだろうか。前よりずっと凜として見える。 「え、もしかして紫村伊織さん!?」  背中に大きな声が飛んできて、振り返ると、杏奈さんが目を丸くして立ち上がっていた。 「ピアニストの紫村さんですよね!?」 「うん、そうだけど……」 「杏奈さん、知ってるの?」  ぐいぐい近づいてくる杏奈さんに、伊織さんは少々困惑気味だ。私もびっくりしちゃった。杏奈さん、さっきまで控えめだったのに。 「知ってるも何も、超有名人じゃん! 奏ちゃんと一緒にコンサート行ったことあるし!」 「そうなの? 鷹丘くん、全然そんなこと言ってなかったけど」 「照れてるだけですよー! あの、握手してもらってもいいですか?」 「もちろん。私でよければ」  伊織さんに握手してもらい、杏奈さんはとても嬉しそうだ。さっきまで重かった空気が途端に明るくなる。やっぱり、杏奈さんはこうでなきゃ。 「あ、奏ちゃん」  礼服に身を包んだ奏くんが、不機嫌な顔でリビングに入ってくる。どうやら待ちくたびれたみたいだ。 ――まだ?―― 「ごめんごめん。じゃあ、みんな席に着いてもらって」  軽く手話を返し、テキパキと仕切り出す兄。奏くんと兄は初めこそ衝突していたけど、今ではすっかり気兼ねしない仲だ。互いのピアノに対する思いに、通じるものがあったんだろう。  少し羨ましかったりもする。私はピアノ、まるでダメだから。だから余計に憧れるのかもしれないけど。  一音一音の重なり方、つながり方、抑揚、バランス。誰が弾いても同じってわけじゃない。個性っていうか価値観っていうか、そういうものがちゃんと反映されて。初めて音楽は完成する。 ――どうぞ――  兄の手話を受け、ピアノへと歩き出す奏くん。光が降り注ぐ、吹き抜けの下。スマートにお辞儀してみせる。  ここは私の家で、そこにあるのは兄のピアノで。頭では理解できるのに、目に映るものが違う。ここは舞台だ。奏くんのために用意された、舞台。  慣れ親しんだソファーに座っているのに、息の仕方がわからなくなる。それでも瞳だけは懸命に奏くんを映すのだから、私はとても正直な生き物だ。  ポーン。静かに広がる、繊細な音の欠片。落ちてくる光の粒は、ただ奏くんを照らしている。なんて美しい世界。  奏くんの手が動き出す。丁寧に、大胆に。あざやかに、穏やかに。奏くんの音が世界に溢れてくる。  ――私は。この音をずっと、待ってたんだ。  生きていてよかったなんて、今まで思ったことはなかった。何の取り柄もないし、人付き合いも苦手だし。普通に生きるということが、私には何よりも難しかった。  でも今、生きていて。ここにいられて、よかった。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません