愛が欲しい人魚姫
愛が欲しかった

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 人魚は愛が欲しい生きものなの。  私の一番初めの人間の旦那様は、私を捕らえた馬鹿な人。  人魚は人を食らうというのに、私に一目惚れをしたんですって。そう言って、何度も私に会いに来た。  一度目は、声が聞こえたけど無視をした。  二度目は、顔だけを水面から出して、遠くから彼の顔を眺めたわ。  三度目は、仕方がないから彼の手を取って歌ってあげたの。  そうしたら彼は泣いて喜んで、私を家に連れていきたいって言った。  私は陸では生きられない。  それでもぜひにと彼が用意したのは、私が自由に泳げるくらいのガラス張りの容器だった。  水槽と言うのだと彼が教えてくれた。底には岩場もあって、腰掛けることもできる。  だけど、この水槽には天井があって、愛していると言ったくせに彼と触れ合うことはできないの。  水槽の四分の三ほど水が入れられ、水面と天井の隙間はさほどなかった。岩場も水槽の半分くらいまでしかないから、私はゆったりと腰掛けて歌うこともできない。私の歌が好きだって言ったのに、これはどういうことなの。  ガラス越しに彼は私を観察していて、私はただの実験体みたい。愛でられている感覚もなく、ただ毎日観察されている。  私の食事にと魚をたくさんくれるけれど、これだけじゃぜんぜん足りないわ。  人魚の食事は新鮮な食材と愛情なの。両方ないと満足できない。  私は愛情もたくさん欲しいの。恋をしないと生きられない。彼が愛をくれると言ったからついてきたのに、愛が足りない。  口だけでも言ってくれれば少しは満たされるのに、愚かな旦那様は私を水槽に捕らえて満足してしまったの。  ダメよ、ダメ。  私は知っている。この水槽は海の近くにあるって事を。水槽の水を入れ替えるのは大変だものね。この水槽を壊してしまえば私は海へ帰ることができる。でも、私は愛が欲しいから、ただ帰るわけにはいかないの。  ねえ、旦那様。私に、どんな愛をくれるのかしら。  次の日、私は旦那様がくれる食事をすべて無視して、ただじっと岩に座ったまま悲しい表情で見つめたの。悩ましい表情を浮かべながら溜息を吐いたら、口から漏れた空気が球状になって水面へと上っていく。それを目でぼんやりと追って、悲しげに瞳を伏せた。  私はとても悲しんでいるのよ。この気持ちに気付いたかしら。  その翌日は、岩場にぐったりと横になりながら、ひれをゆらりと動かして目だけを旦那様に向けてみた。狼狽した旦那様は水槽越しに声をかけてくるけれど、私の欲しい言葉はどこなのかしら。  何故弱ってるんだ、何が気に入らないんだ、なんて分かりきったことを言わないで。旦那様の愛が足りないからよ。  そんな言葉は愛ではないの。  私の欲しい言葉をくれたなら、もう少し我慢してここにいても良いと思えたのに。  三日目には、私は死んだ魚のように水面に浮かんでいた。旦那様の愛を感じたいのに、あの人は私を水槽に閉じ込めてからひとつも愛をくれなかった。酷い人。私が一口も魚を口にしなくなったのが原因だと思ったのね。  ようやく旦那様が私の近くにやってきたの。さあ、口を開けてあげるわ。私の口に愛を放って。  世話の焼けるヤツだ、なんて本当に酷い人。  魚を手にした旦那様を、私は細い腕で抱きしめ水中へと潜る。私に抱きしめられて悲鳴を上げるだなんて、おかしな人。  潜るときに水面をひれで叩いたら、水滴が飛び散って煌めいた。旦那様の吐く息が水中でキラキラと輝いて、私は笑顔になる。  そうね、旦那様にはもっと私と一緒に居てもらわないと。私に愛をくれると言ったのを本当のことにしなければならないわ。  私は自分の腕の肉を噛み千切り、旦那様にそのまま口づける。そして口の奥に私の肉を押し込んで、無理矢理飲み込ませた。  人魚の肉は不老不死になる薬なんですって。  これで旦那様はずっと私と一緒に居られるわ。だって、死ねないんですもの。水の中でだって死ぬことは許されない。息苦しくて死にそうになっても死ねないの。ずっとずっと苦しみ続けるけれど、仕方がないわよね。だって、私に愛をくれるって嘘をついたんだから。  藻掻いている旦那様の唇に吸い付いた私は、そのまま舌を食いちぎる。ごくんと飲み込めば、お腹の辺りが温かくなった。これが旦那様のくれる愛。口づけて、再び生えてきている舌をもう一度食いちぎる。これが二つ目の旦那様の愛。  美味しい、とても美味しいわ。  もう二度と愛を口にしてくれなくても良いの。嘘を言う舌なんて私が何度でも飲み干してあげる。  旦那様の肉が私への愛の証。  三度目の舌を飲み込んで、私はにっこりと微笑む。  旦那様が逃げようと藻掻くけれど、そんなことは許さない。  思い切り水槽をひれで叩けば、それだけで水槽に罅が入る。もう一度叩いて水槽を割ると、私は広い海へと戻ることができた。手には愛しい旦那様を抱いて、私は自分の家へと帰る。  今度は私が旦那様を捕らえて離さないの。海藻の手錠で旦那様を縛って、私は旦那様の愛を貪る。  旦那様の愛はいくら食べても減らないわ。だって、旦那様は死ねないんですもの。  私が愛を消費した先から、新しい愛が生まれるの。なんて素敵なんでしょう。  これからは旦那様にたくさん歌を歌ってあげる。愛を囁いてあげる。  だから私に、旦那様の愛と肉をくださいな。  旦那様で満たされる私は、きっと今までよりも美しく輝くから。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません