天使の脳みそ
ひとだすけ

小説を栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 迷子になったねずみさん、森でちぃちぃないていた。  するとひとり、きつねさんがやってきた。 「坊や、どうして泣いているの」 「お家へ帰りたいけれど、どの道行けば、いいのかな」  それならおまかせ、ときつねさん。  でも、 「今日の森はもう暗い。明日おうちへ帰ればいいよ」  そう言って とことこ、案内しだした。目指すおうちは、きつねのおうち。  月も真上へのぼったころ、ふたりはようやくお家へ着いた。 「良かったわ! きつねさん、とっても優しいのね」  幼い少女は頬を紅潮させた。男の手にした絵本の挿し絵に、その大きな丸い目が釘づけになっている。男は優しい声音で言った。 「そうだよ。でもね、このお話には、大事な続きがあるんだ」  男はまたページをめくった。今度もかわいらしい挿し絵があった。  ねずみの坊やは大喜び。きつねさんにお礼を言った。 「ありがとう。今晩ここで寝ていいんだね?」 「ああそうさ。ゆっくりゆっくり眠るといいよ。これも、ひとだすけなんだから……」  ずうっとね。きつねさんはよだれを拭いた。  あっ、と思ったねずみさん。気づいたときにはおそかった。  きつねのお家の目の前で、がぶりとひと呑み。食べられた。 「そんなあ……」  少女は両手で顔を覆ってしまった。だが泣き出しはしなかった。この男に出会うまで散々泣いていたので、もう涙は出なかった。 「ごめんよ、お嬢さん」男は半ば戸惑って言った。「怖がらせるつもりはなかったんだ」 「ううん。いいの、いいの」少女はぶんぶん首を振った。 「それより、ありがとう、おじちゃん」  少女は座っていた切り株から立ち上がった。コートの裾をはたく音が森中に響く。目を細めて少女を眺めながら、男は呟いた。 「いいや。これも、ひとだすけなんだから。……」 「これに乗れば、お家につくんでしょ?」 「そうだよ。後ろの椅子に座るんだよ」  少女が車に乗り込むと、男もゆっくり立ち上がった。運転席へ乗り込み、エンジンをかける。 「そう。これも、ひとだすけだしね……」 「え?」 「いや、おじさんの独り言さ。かまわず眠るといいよ」  少女はにっこり笑った。歩き疲れていたのか、次の瞬間には深い眠りに陥っていた。  車はどんどん進んでいった。暗い暗い、森の奥深くへと……。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません