優しい世界 ~ポケットの中には、みんな優しさを隠してる~
ヒューマンドラマ 全15話 完結済み
十一月のある日の放課後。 中学生の「僕」は、目の前でクラスメイトの「彼女」を泣かせてしまった。 けれど僕は彼女を追いかけられなかった。そのせいで、彼女は交通事故に遭った。 次に気が付いた時、目の前には彼女がいた。 似たような会話の末、彼女は走り出し、また事故に遭う――。 時間が巻き戻っている。 そう自覚しても、僕には何も出来ない。 特別な力なんてなくて、結末はどんなことをしても変えられない。 希望のない未来に抗い続ける辛さ、独りで抱える苦しさは、繰り返す度に僕の心を削ってゆく。 それでも、僕は諦められない。 彼女を助けるために、何度だって走る。 そのためなら、僕は―― 大丈夫。優しさは伝わるよ。 ※一つ一つは短いので、是非「僕」の回まで一気にお読みください。

小説をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません