芽生えのころ
side.アリー

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 閑静な住宅地へとつづく小路には、大通りの喧騒はもはや届かず、瀟洒な街灯がぽつりぽつりとリズムを刻むのみである。  空気の澄んだ冬、進行方向の山手の上空に、白く輝くオリオン座が道をしめす。  仕事上がりに、馴染みのバルで会話を楽しんだ夜は、アパートメントまでのちょっとした坂道も苦ではない。  足元がふらつかない酒量は心得ているし、むしろ、生半には酔えない性質たちだ。ちょっとばかり酒精に温められたほおを、夜風にさらしてゆっくりと坂をのぼっていく。  バルといえば、ひとり飲みの夜には稀に、露骨に誘いをかけ、度数の強いアルコールを勧めてくる者も現れる。アリーはしかし、その手の輩には憐れみしか感じない。  仮にそんな形で落としたとて、あとに何が残るというのか。……いや、カタチを残す必要はない。けれども恋は、こころに炎をともしてこそだ。記憶をとばしたドールをかき抱くのでは、とても得られぬ充足感。そんなことも知らぬまま、ただやみくもに手を伸ばして藻掻もがく様は、あわれだと思う。  一方、上質の恋ものがたりとくれば、それはもう、アリーのこころと足取りを弾ませる。それがたとえ、他人の恋であろうとも。  甘酸っぱい恋のはじまり、本日のあらましは、ぜひ書き留めてコレクションせねばなるまい。反芻しながら、アリーは家路を辿るのだった。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません