姥捨島挽歌
SF 全3話 連載中
ホモ・サピエンスが絶滅し、無性の人造人間達が新人類となった遠い未来。彼らは電子制御の巨樹を母胎として世界中に集落を作り、停滞した文明の中で日常を過ごしている。これは、とある寂れた島に暮らす人造人間達の生涯を、静かに記す物語。(2020.08.02~ 今年の5-6月に投稿していたものを改稿し、再投稿しています)

小説をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません