ヴィラーグ・サーラム ぼくの花
恋愛 全5話 完結済み
ピアニストのおれは今日も下手なギターを弾く。 兄貴が遺したセルマー・マカフェリギター。 くるみに頼まれなきゃこんなことはしない。 彼女は兄貴の元カノ、兄貴のギターが好きだった人。 ある時おれたちのもとに兄貴の遺作が届く。 死ぬ直前に異国でレコーディングをしていた最期の作品。 どうしても今ここで――彼女に聞かせたい。

小説をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません