君のボヘミアン・ラプソディ
ステキユーザー 新人作家
青春 全4話 連載中
これは現実か?それとも空想か? 「私、人を殺しちゃった」 彼女のその言葉は、僕たちが愛したあの曲の一節を諳んじたのだと信じたかった。 同じ『クイーン』ファンの同級生に世界を狂わされた、僕の物語。

作品をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません