うそぶく君に憎悪の華を
ミステリー 全7話 連載中 第1回ステキブンゲイ大賞応募作
 「嘘がつけない。人の嘘を聞くことが何よりも辛いんだ!」  嘘や隠し事のできない少年、川島涼樹は実の母を亡くした少女、宮沢浩奈の兄となる。嘘や冗談、人を笑わせることが何よりも好きな浩奈は、母が亡くなったトラウマを足枷にして生きていた。 「自分が何か間違っても仕方ないじゃん。他の人とは、私、違うんだよっ!」  そんな二人に牙をむくの数々の謎。  母親の浮気疑惑に涼樹は苦悩する。万引き冤罪を突きつけられた浩奈は無実の罪を被ろうとしてしまう。  そして、三年前に起こった警察官射殺事件。浩奈の母親が死亡した事件に、彼等は触れていく。その真実がどんなに残酷で彼等を苦しめるか、知ろうともせずに。

小説をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次