トウシューズにはキャラメルひとつぶ
青春 全28話 完結済み 第1回ステキブンゲイ大賞応募作
白鳥 莉瀬(しらとり りぜ)はバレエが大好きな中学一年生。 小学四年生からバレエを習いはじめたのでほかの子よりずいぶん遅いスタートであったが、持ち前の前向きさと努力で同い年の子たちより下のクラスであるものの、着実に実力をつけていっている。 あるとき、ひょんなことからバレエ教室の先生である、乙津(おつ)先生の息子で中学二年生の乙津 隼斗(おつ はやと)と知り合いになる。 隼斗は陸上部に所属しており、一位を取ることより自分の実力を磨くことのほうが好きな性格。 莉瀬は自分と似ている部分を見いだして、隼斗と仲良くなると共に、だんだん惹かれていく。 バレエと陸上、打ちこむことは違っても、頑張る姿が好きだから。 『青春』『恋愛』そしてやや低年齢層向けなので『児童小説』と、あてはまるカテゴリが多いので悩みましたが、主軸になっている『青春』カテゴリに一応、入れさせていただきます。 想定対象年齢は小学校高学年〜中学生あたりになります。 ※こちらの小説はエブリスタにも掲載しております ピックアップに載せていただきました! ありがとうございます!

作品をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません