作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「どうして」  私は言う。 「どうしてわかったの」  私の裏側の私を。 「ど、どうしてって、ぼ、僕は、感じたままを描いただけ、なんだ」  ヒースクリフの目は相変わらず何の邪気もなかった。 「私はソフィアよ」  私は言う。 「し、知ってるよ。で、でも、僕にとっては、どうしても君は……キャシーなんだ」  ヒースクリフは彼の本名ではない。彼がその筆名を用いたのは意味のないものではなかったのだ。彼の、吃音に隠された激情。己の醜さへのコンプレックス。どんなに歪んでいても一途な愛情。  でも、目の前にいるヒースクリフは、歪みさえない一途さを見せていた。  私は、この絵を完成させねばならないと思った。彼のために、そして私自身のために。  そう、私はミューズになる決心をしたのだった。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません