私が、棄てた男。
純文学 全2話 完結済み 第1回ステキブンゲイ大賞応募作
敬愛する遠藤周作先生のオマージュ。 渾身の重力で。  (※本作品の登場人物は、実在する人物とは一切関係ありません。)

作品をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません