白ねこ書店員 大福さん
5.僕たちはコリオス書店にいる

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「いらっしゃいませにゃ」  コリオス書店の朝は、大福のあいさつで始まる。一週間の自宅待機期間を終えて、大福は大晦日に復帰した。おばあさんにもらった例のブランケットをはおって気合十分だ。  雑誌と書籍の配送は二十八日で終了し、年明けの四日から再開する予定だ。休配日は朝の品出しがないので、開店までの時間は拍子抜けするほどゆったりとしていた。 「よっ白とねこ、元気にしてるかい」  朝一番にパズル誌を持ってきたのは作業着の元さんだった。 「今から出勤ですか?」 「今日で仕事納めよ。あんたらは?」 「僕は正月三が日も出勤です。大福には家か、休憩室にいてもらおうと思ってますが」 「いやにゃ。働いて稼ぐんにゃ」  大福は目と目のあいだの毛を寄せて、不服そうな顔をした。 「だめだよ、店が立て込みそうなときはそうしろって施設長に言われたんだから」 「いやんにゃー」  大福が背中を立てて反論すると、元さんは眉を下げて笑った。 「まあ仕方ねえな。しばらく大人しくしてな、ヒーローさんよ」 「そんな大げさな……」  僕は謙遜したのに、大福はこれでもかと胸を張っていた。  今朝、久しぶりに同伴出勤をしたら、正面玄関のインフォメーションにコリオス通信の臨時増刊号が張り出されていた。 『白ねこ書店員さん、お手柄! クリスマスの子ねこ大救出劇!』  でかでかとした見出しに大福とあずきさんの写真まで掲載されていた。すっかり人気者になった大福は、朝から褒められ通しだ。  隣のレジで待機するあずきさんは落ち着いている。大福もあれくらいどっしりしていたら楽なのになあ。でもわがままを言わなくなったら、それはそれでさみしいのかな。 「そんじゃな。よいお年を」 「元さんもよいお年を」  去年はこんなあいさつを交わす相手もいなかったなあ。元さんの背中を見ながらしみじみと思っていると、ブランケットをくれたおばあさんがやってきた。 「おはようございます。これ、お願いしますね」  おばあさんは『すてきな編み物』の定期購読カードを出して、大福のあごをなでた。僕はレジの真後ろにある客注品用の戸棚からビニール袋におさめた分冊百科を取り出す。 「あら、帽子はどうしたの?」  バーコードをスキャンしていると、おばあさんは大福の首に手を回して不思議そうにした。 「すみません、ひっかけてほどけてしまったんです。一応、終わり目はくくったんですが……」  僕が不細工に結んでしまった終わり目を見せると、「あらまあ」とつぶやいた。 「だったら編み直してあげるわ」 「それが、毛糸が切れてしまったので……」 「継ぎ足せばいいのよ。簡単なことだわ」  おばあさんは生き生きと目を輝かせながら、大福の首元で結んでいる紐をほどいた。大福は首をひっこめて抵抗したけど、するりと回収されてしまう。 「いやにゃー返すんにゃー」 「なに言ってるんだ、編み直してくれるんだよ」 「寒くて働けないにゃ!」 「そうだわ、違う色を足してみようかしら。何色が似合うかしらね」  大福の訴えはあっさり流された。おばあさんは歌うようにひとりごとを言って会計を済ませると、バッグから違う色の編み物を取り出した。 「これ、お隣のねこさんに渡してくれる? 今、忙しそうだから」  隣のレジでは斎さんがレシートを手にお客さんと話していた。どうやらクレジットカードで購入した書籍の返品らしい。時間がかかりそうだな。 「かしこまりました。お預かりしますね」 「ではよいお年を」  おばあさんがブランケットを手に頭を下げると、大福が情けない鳴き声を出した。 「にゃあ~ぬくぬくがぁ~」 「これでもかぶってなさい」  大福の下に敷いていた敷物を引っこ抜いて体にかけると「なにすんのにゃっ!」と怒り始めた。斎さんはクレジット返金の処理を終えて、レシートに判子を押している。 「あのこれ、『すてきな編み物』のお客さんにいただいたんですが。あずきさんにって」 「あー、う~ん……困ったなあ」  喜ぶかと思いきや、斎さんもあずきさんも渋い顔をした。首回りにレースがふんだんにあしらわれてゴージャスな仕立てになっている。あずきさんに似合いそうだ。 「あったかそうですけど」 「あずきが服を嫌がるのよ。毛量が多いから動きにくいらしくて」  じつは去年もその前もねこ用の服や帽子をいただいたけど、どれもあずきさんが嫌がってつけなかったらしい。 「毎年断るんだけど作って下さるのよね。気持ちは嬉しいから着せたいんだけど」  レースまみれのブランケットをあずきさんの上にかけると、両目をしかめて激しく嫌そうな顔をした。中世の貴族みたいで素敵なのになあ。 「もったいないので家で着せてますって言っとけばいいんだよ」  七連勤中の店長が事務所から顔を出した。忙しくて痩せるどころか、ますます体重が増えてそうだ。今日は年内の報告業務が終わり次第、帰宅すると聞いている。 「コリオスさんも散々いろんな服を着せられては、脱いで逃げてたらしいから」 「そんな前からの常連さんなんですか」 「創業者の娘さんだもの。あ、ここだけの話ね」 「えっ……えええーー!!」  常連どころじゃない、創業一族の直系じゃないか。ただの編み物好きの上品なおばあさんだと思っていたのに。次からどうやって接客しよう。間違った対応をしてなかったかなと変な汗をかいていると、レジの前にお客さんが並び始めた。  婦人雑誌を受け取りながら、おばあさんが何者であってもやることは一緒だなと思った。今まで通り丁寧に会計をして、また来たいと思ってもらえるように笑顔を心がければいい。 「いらっしゃいませ。レジ袋はよろしいですか?」 「えっあっはい、袋は持ってます」  バーコードを読み取って文庫のスリップを抜いていると、女性のお客さんはトートバッグから別のエコバッグを取り出そうとした。半開きになったエコバッグは財布や手帳、携帯電話といろんなものにからんでいる。 「ポイントカードはお持ちかにゃ?」 「あっあります!」  女性があわてて財布を出そうとすると、エコバッグの持ち手が財布のファスナーに引っかかってしまった。財布の口も少し開いていたのか、小銭が勢いよくちゃりんちゃりんちゃりーんと転がり落ちる。  まずいと思ったその瞬間、瞳孔を全開にした大福が「お仕事にゃ」とつぶやいた。 「大福、ストップ……!」 「大福にお任せするんにゃー!」  僕が制するよりも先に、大福はレジカウンターからダイブした。フロアに散乱した小銭を集めるつもりらしいが、猫パンチがヒットするたびに小銭がカウンター台の下に入っていく。 「ねこさんごめんねーありがとー!」  お客さんは喜んでいるけど、見えただけでも五枚は台の下に入っている。僕はレジカウンターからとび出して大福を取り押さえた。 「こらっダメだってば!」 「大福が集めるんにゃ!」 「集まるどころか散らばってるでしょ!」 「ちゃりんちゃりんが呼んでるにゃ!」 「呼んでないって……」  大福を捕まえたまま、なんだか嫌な予感がしてふり向くと、カウンター台の上からあずきさんが僕らを見下ろしていた。 「素敵な光景ね」  穏やかな口調だったけど、両目は真っ黒で瞳孔全開だった。 「あーっあずきさーん!」  ふっさふさのしっぽを振りながらあずきさんがフロアにとび下りた。同時に斎さんが「申し訳ありません!」と声を上げる。あずきさんの華麗なる猫パンチにお客さんたちは歓声を上げ、ひとりまたひとりと小銭回収に参加し始めた。  ああ、また自宅待機になるんじゃないかと思いながら、腕から抜け出た大福と小銭を追いかけ回した。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません