白ねこ書店員 大福さん
3.大福がどこにもいない④

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「白河くん、どうしたの?」  斎さんの声を聞いて、僕は踏み台から下りた。汚れてしまったブランケットを渡して懐中電灯を探す。 「通気口の中に入ったみたいです。探してきます」 「ええっあんなところに……じゃあ私も」  僕は上着を羽織って、出て行こうとした斎さんを引きとめた。 「もう退勤時間からずいぶん経っていますし、あずきさんを迎えに行ってあげてください」 「でも……」 「斎さんを待ってると思います。僕もすぐに大福を連れて帰りますんで」  斎さんは戸惑っていたけれど、清水くんに手荷物とケージを押しつけられて事務所を出た。「ごめんなさい」と口元が動いていたけれど、こちらこそごめんなさいと思う。  懐中電灯を片手に出ようとすると店長に腕をひかれた。受話器を耳に押し当てながら「ちょっと待て」とつぶやく。 「あ、げんさん? 仕事中に悪いんだけど、通気システムの見取り図まわしてくれない? あーうん、ちょっとねーうちの従業員が迷い込んじゃったみたいで」  うん、うん、とうなずきながら僕を見る。元さんって誰だろう、と思っていると店長は電話を切った。 「設備の管理スタッフに連絡したから、もうちょっとここにいて。闇雲に探しても見つけられないだろ」 「すみません……」 「犬ならともかく、ねこの行動は予測できないしなあ。しかし自分の充電コードだけ噛みちぎるとは、大福くんも頭がいいんだな」  あらわになった銅線をブラブラさせながら店長は苦笑した。  子供の頃、飼っていたねこもそうだった。ヒーターやこたつの線は噛まないのに、僕の携帯ゲーム機の充電器ばかり噛みちぎるのだ。僕は泣いて怒ったけど、母さんは「ゲームばかりしてるから、相手をしてほしいんじゃないの?」と言っていた。 「僕が……ちゃんと相手をしなかったから」 「何言ってんの。仕事は仕事、大福くんだってわかってるからあきらめたんでしょ」 「そうでしょうか……」 「おっ、来た来た。元さんこっち」  しょぼくれている僕の肩越しに、店長は手招きをした。設備スタッフの制服を着た中年の男性が姿を見せる。 「なんだよ、従業員が迷い込んだって。入れるわけないだろうが」 「いやーそれが入れちゃったんだなあ」 「何を訳のわからんことを……」  帽子のつばを上げた男性と目が合った。僕は「あっ」と声を漏らす。 「先日クロスワードを探しにいらした方……」 「ああ、あの時の。なるほど、入ったのは例のねこか?」  男性は2mほどある脚立を軽々と持ち上げると、通気口を見上げた。店長から手渡されたプラスチック製のふたをはめたが、すぐに落ちる。 「ひっかけるところが劣化したんだな。そういや少し前もインコが迷い込んだことがあったなあ。あのときは追跡できたらしいが」 「それが……首輪の電源が切れたみたいで」 「それなら出られるところを当たってみるか」 「そんな場所、あるんですか?」 「これと同じように劣化してたら、あのねこの体重なら割れるかもしれんしな」  元さんは電話をかけ始めた。まるまるとした大福を思い出す。「食べすぎです」とお医者さんには言われていたけれど、こんなことで役に立つとは。 「あんた、出勤中か?」 「いえ、一時間ほど前に退勤しています」 「そんじゃ一緒に来い。何か所か通気口カバーがはずれてるところがあるらしい」 「ありがとうござ……」 「俺も行きます」  僕がお礼を言い切る前に、清水くんが言った。いつの間にか帰り支度をすませてジャケットを着こんでいる。 「でももう遅いし……」 「暇なんで」  あと頼まれてるんで、と付け足して元さんのタブレットをのぞき込んだ。頼んだのは斎さんだろうか。元さんから目的地までの進み方を聞いている彼を見て、僕がしっかりしないでどうするんだと思う。 「じゃあしろは俺と来な。兄ちゃんは従業員出入口を出た所に別のスタッフがいるから、そいつに鍵を開けてもらってくれ」 「あの、白って……?」 「あんた、白だろ?」 「白河ですが……」  そんな呼び方をされたのは初めてだった。戸惑う僕の背中を店長が叩く。 「報告業務があるから行けないけど、なんかあったら連絡して。手の空いてる人間を回すから」 「忙しいときに何から何まですみません」  深々と頭を下げて事務所を出た。足早に歩きながら元さんから説明を受ける。空いている通気口は三か所。一か所は別のテナント、あとの二か所はフロア外の通路と資材置き場らしい。  レストラン街の窓から外が見えた。白い粉雪がはらはらと暗闇に舞い落ちる。初めて大福に会った日を思い出しながら、元さんのあとについていった。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません