裸木の願い
ステキユーザー 新人作家
ヒューマンドラマ 全7話 完結済み
 祐典は、役場に勤める中間管理職。ある日、部下の夏目に衝撃の出来事が起こります。その出来事を通して、祐典が夏目の心情を考え、幸せに生きることについて見つめた作品です。    昨年から、主人公を同じ「祐典」にした三つの作品を書きました。今作が、「祐典三部作」の最後の作品です。 「蜉蝣(カゲロウ)の朝」の28歳裕典、「偶愛」の41歳祐典、「裸木の願い」の53歳祐典。  異なる年齢、異なる祐典それぞれの、人生に対する眼差しを作品を通して描いてみました。  3作合わせて読んでいただければ、うれしいです。

作品をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません