ヘルマプロディートスの縊死
チューベローズ(1)

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「君、あそこの男にずっと見られてるよ」  その青年に話しかけられたとき、小春野こはるのかおるこいつだと確信した。  朝の七時台、電車内は人でぎちぎち。薫の立つドア脇にも余裕はない。 「どの人ですか?」  薫が振り向こうとすると、青年はドアに右手をついて視線を遮った。薫は小首を傾げて青年を見上げる。青年はもったいぶった速度で、左手の人差し指を自分の口の前に立てた。 「下手に気付いた素振りを見せたら刺激してしまう。俺と知り合いのフリをして、話を合わせて」  薫は素直に頷き、毎朝ヘアアイロンでまっすぐに整えている黒髪を撫でた。  清楚系JKと呼ばれ始めて一月半。好色な視線にも、工夫のないナンパにも慣れてきたところだが。 「それで、何の話をしましょう?」 「そうだな。自己紹介なんてどうだい」  青年は上の歯を見せつけて笑った。薫は思わず笑み返す。バラエティの非モテ克服企画でやっていた『特訓! アイドル☆スマイル』の出来にそっくりだったから。  べたついた重たい前髪も、無難すぎるVネックの白インナーとネイビーのロールアップジャケットも、ネット記事の『女ウケファッション』をまるっとコピーしたみたいだ。 「俺はこういう者だけど――」  青年はジャケットの内ポケットに手を入れ、レザーの名刺入れを取り出した。渡された紙片には、飾りのうるさいイタリックフォントでこう書かれている。 『現役大学生 兼 プライベートディテクティブ  夜来優(Suguru YARAI)』  もう無理。薫はリボンタイを直すふりをして笑いを噛み殺した。真面目に言っているのか? 身体は大人でも頭脳は子供なのだろうか。  薫はどうにか顔面を繕い、片手を頬に添える。 「わたし、名前は簡単に教えないようにしているんです。呼びたいようにどうぞ、夜来やらいさん」 「じゃあ『お花ちゃん』。そのヘアピン、よく似合ってるよ」  青年――夜来は自分のこめかみを叩こうとしたようだったが、電車が揺れてよろけたために腕がよじれていた。  薫はドアのガラス窓に映った自分を見つめる。二輪並んだ白い花のヘアピン。他人に言われるまでもなく、これが似合うのは世界で薫だけだ。  薫は不機嫌が表に出ないよう注意深く声を作った。 「ご親切にどうも。次で降りますね」 「ああ。何かあったら連絡して。何時でも構わない」  電車が減速を始めた。薫はウサギ柄のトートバッグを持ち直し、人の流れに備える。  降車のアナウンスに紛れて、夜来が熱っぽく囁いた。 「また、会えるかな」 「ええ。運命が重なれば」  ドアが開く。薫はスカートを揺らして軽やかにホームに降り立つ。指からするりと舞い落ちた名刺は、散々に踏みしだかれて線路へ飛び込んだ。 「あ、カオル姐さん。おはよー」  隣のクラスの男子が挨拶してくる。薫は小さく片手を振って通りすぎる。  小春野薫はこの学校の有名人だ。入学して間もないのに、廊下を行けば必ず声をかけられる。  目立つのはまず見た目。制服のない壮花わかきはな高校に、セーラー襟のワンピースで通学。爽やかな水色で清楚さを演出、ハイウエストで脚を長見せ。黒いシアーソックスが悪目立ちしないよう、パンプスは光沢が控えめのマットな質感 ――まぁ、今は学校指定の上履き。  さらに地爪と言い張るクリアピンクのネイル、地毛と言い張る目尻を強調した付けまつ毛、視力矯正と言い張る黒目拡張コンタクト、地肌と言い張る透明感ファンデーションと血色チーク、保湿と言い張るほんのり発色リップ、生え癖と言い張る緩く内巻きの前髪、正真正銘自前の長い黒髪。  完璧だ。美少女だ。ここまで努力した自分をなお『ブス』呼ばわりするやつがいたら、薫はそいつの顔面を三十発ぶん殴った後、鏡に向かって同じ台詞を三百回言わせる。 「おはよう。月子つきこ」  スカートを持ち上げて会釈。一年二組に入る。 「おはよう薫ちゃん」  窓際の席で手を振っているのは、幼なじみの馬剛まごう月子だ。女子高生のパブリックイメージに忠実な、紺のブレザーにチェックのスカート。JS雑誌に載っていそうな素朴感あふれる玉ねぎヘアを、かわいいと信じて毎日作ってくる。  薫は月子に歩み寄り、自分の目許を指差した。 「月子、コンタクト慣れた?」 「今ぐらいの時間なら……二時間目とかになると目がしぱしぱする。薫ちゃんみたいにはいかないね」  高校でコンタクトデビューをすると言っていたのだが、なかなか上手くいかないらしい。薫としては、いつもの大きな黒縁眼鏡も充分キュートだと思う。 「美術部は? 体育祭の垂れ幕塗ってるんだっけ」 「うん! あと仕上げだけ。そろそろ薫ちゃんと一緒に登校できそうだよ」  月子は両手でピースサインを作った。爪の先にカラフルな絵の具が詰まっている。  薫は曖昧に笑ってヘアピンを触り、抱きつきたい衝動を抑えた。 「これ、また褒められたよ。さすが月子謹製」 「そうなの? 結構前のだし恥ずかしいなぁ」  月子がはにかむ。本人が気にしている歯並びも、毎日文句を垂れている天然パーマも、薫にとってはかけがえのないチャームポイントだ。  月子を『ブス』と呼ぶやつがいれば、薫はそいつの顔面に三十回肘鉄をくれてやった後、後頭部をつかんで三百回鏡に叩きつける。  薫が愛用しているヘアピンは、中学二年の誕生日に月子が贈ってくれたハンドメイド品。今では両耳の上にないと落ち着かない。銀の台座に白いビジューの六枚花弁、チューベローズという花だそうだ。二輪が一対で咲くとかで、このヘアピンの花も片方につき二つ付いている。 「薫ちゃん、本当に新しいのいらないの?」 「いいの。これが気に入ってるんだから」 「ならいいんだけど……」  月子は両手の指を忙しなく突き合わせた。作者としてはいろいろ思うところがあるようだが、薫にはこのヘアピンこそがお守りなのだ。別のものには代えられない。 「それより薫ちゃん。また危ないこととかしてないよね? おばさんが最近帰り遅いって心配して……」  月子がしかめ面で言いかけたとき、このクラスの女子が入口から薫を呼んだ。 「小春野ちゃーん! 生活指導が捜してたよー」 「やーん、心当たりなーい」  薫はひらりと身を翻す。好意的な笑いが心地よく薫を包んでくれる。不機嫌なのは月子だけだ。  薫と他の生徒との会話に、月子が割り込んでくることはない。部活の仲間とは多少打ち解けたようだが、クラスにはまだ馴染めていないのだろう。  薫は二組を出る直前、ドアに手を添えて振り向いた。 「月子。しばらくは放課後空けられないけど、ちゃんと友達と帰って。おばさんにも駅まで迎えに来てもらいなよ」  不承不承の頷きを見届けてから、薫はつま先で廊下に踏み出した。  月子には悪いが、薫は今朝の男を無下にするわけにいかないのだ。月子のために。  薫の日課は、都内の性犯罪や周辺の不審人物についての情報収集。『プライベートディテクティブ』と違って公安委員会からの認可はない。あの自称現役大学生殿もどうだか知れたものではないが。  今年の三月、壮花の隣駅にある有名私立中学に通う生徒が、高等部への進学を目前にして姿を消した。薫と同い年の少女だ。  進展のないまま四月末、今度は十代の女子大生が行方不明と報じられた。有名私大に入学後まもなく授業を欠席していたが、上京したばかりで友人もおらず、発覚するのに時間がかかったという。  そして一週間前から、薫のクラスの女子が一人、無断で学校を休んでいる。保護者との連絡もついていない。  いなくなった三人の共通点は、薫と同じ円環線えんかんせんという路線を使っていたことぐらい。警察の捜査がどこまで進んでいるかは分からないが、薫が怪しんでいる点はもうひとつある。  三人とも失踪の直前、SNSに『電車の中で感じのいい人と知り合った』という旨の投稿を残しているのだ。  薫は『白雪王子』の都市伝説をでっち上げ、巨大掲示板とSNSに匿名で流した。特にSNSは行方不明者のアカウントに公開でぶつけた。  ――周囲に馴染めない内気な女の子を迎えに来て、二人きりの楽園に連れ去る白馬の王子様のおとぎ話。  掲示板は少数が悪ノリしたのみで終わり、SNSには不謹慎だという返信が山のように付き……薫はそんなことはどうでもいい。第三者の否定はただのノイズだ。   肝心なのは称賛の言葉。たったひとつ、好意的な長文を垂れ流した捨てアカウント。  釣れた、とそのとき薫は呟いた。  やはり『白雪王子』は実在する。毒牙にかけた女の交友関係を今も監視している。自らの正当性を示し、功績をひけらかせる機会を窺っている。  薫の手の中でマウスが軋んだ。  予感がする。いや、確信がある。名を与えられ図に乗った『白雪王子』が、このままで終わるわけがない。  奴は存在を誇示するため、必ず犯行を繰り返す。  電車が隣駅に停まり、初夏のまぶしさを切り取ったような白がいくつも飛び込んでくる。  帝都帝王大付属のセーラー服。三月に消えた女生徒と同じ制服。薫が通学服にセーラーの要素を取り入れた理由のひとつだ。被害者の服装に近いほど、薫が次の標的になる確率は上がる。 「お花ちゃんは、カレシとかいるのかい?」  朝のラッシュではまともに口説けないと踏んだのか、夜来は翌日から夕方に現れるようになった。壮花駅の円環線のホーム、薫の降りた場所で待っていて、当然の顔をして一緒に電車に乗ってくる。 「すみません。なんて?」 「カレシ。それだけかわいいといるんでしょ?」 「やだぁいませんよそんなの」  完璧スマイルで自動応答メッセージを発信すると、へぇ、と夜来は好青年のマスクを歪め下卑た地肌を覗かせた。 「俺もフリーなんだ。いたけど別れた」 「へぇー」  訊いてないし、と内心でツッコみつつ微笑んでいると、薫たちより先に乗っていた女子高生の三人組が騒ぎ出した。特別地味でも華やかでもない、集まると気が大きくなるタイプの普通の若者だ。 「そいつドーテー? 引くわー」 「大学生で童貞とかありえんくない?」 「ちょっ、大声で言うなしー!」  薫にとっては慣れたノリ。構わずに、体育のせいで少し欠けたネイルを反対の手で撫でる。  一方夜来は荒い息で三人組を睨みつけ、閉まったドアを拳でしきりに叩いていた。  薫は瞳を潤ませ、上目遣いで夜来を見る。 「あの、どうかなさったんですか……?」 「ああ、ごめんね」  夜来は仮面を被り直そうとしたようだが、作った笑みは無様にひきつっていた。 「特定の経験の有無で人の価値を決めようなんて品性を疑うな俺はべ、つにそうではないけど人間を、偏った価値基準で判断するのはひどく愚かで軽、はずみだとそう思うだろ?」  極端な早口で、かつ不自然な息継ぎだった。薫はできるだけさりげなく、そうですね、と答えて口を閉ざす。夜来はしばらく女子高生たちの発言が不当であるという主張を続けていたが、やがて残弾が尽きたのか黙り込んだ。  次の駅で三人組のうち二人が降りて、残った一人はイヤホンを装着した。車内が静まり返る。薫はドアのガラス越しに、表情の抜けきった夜来を見ている。  赤い夕陽が床一面をさっと走っていく。  近いうち仕掛けることになるだろう。  向こうも、こちらも。 「では、ごきげんよう。夜来さん」  薫は壮花から内回りで四つ目の初内ういうち駅で降りた。小指を立てて夜来に手を振り、電車がホームから離れたのを確認して階段を下りる。  本当の最寄りは、壮花から外回りで四つ行って乗り換え。『白雪王子』の被害者が通学していたのは全て壮花と初内の間にある学校なので、目につきやすいよう同じ区間内で張っていたのだ。  地下通路を突っ切って別のホームに上がり、最寄りの近くまで運んでくれる電車を待つ。  手首の内側の時計を見る。ウサギの跳ねる文字盤、針はもう夕方を指している。薫は小さくため息をついた。  月子が何事もなく帰っていればいいけれど。 「杜若かきつばた?」  ようやく自宅の最寄り駅に着いたとき、ホームには見知った少年の姿があった。  中学までのクラスメイト、杜若颯太そうただ。 「小春野」  杜若は黄色い線ぎりぎりに、生気のない顔で立ち尽くしていた。襟のよれたTシャツにだぼついたジーンズ。学校では糊の利いたワイシャツに身を包んでいる分、だらしない服装が痛々しい。  上りも下りも電車は発ったばかりで、周囲には誰一人いない。薫は自動販売機でミルクティーと緑茶を買い、杜若にベンチを勧めた。杜若は言われるまま腰を下ろす。 「五条ごじょうが……」  杜若が呟く。生来の涼やかな声とは程遠い、潰れたしゃがれ声だった。薫はペットボトルの結露を拭きながら待ったが続きはない。  薫は杜若の正面に立ち、そっと緑茶を差し出す。 「やっぱり来てない。杜若も今日は休んでた?」  杜若は顔を歪めてボトルを取り落とした。薫は紅茶を杜若の膝に置き、転がった緑茶を拾いに行く。  今年度、薫の出身中から壮花高校に進学した生徒は四人。小春野薫、馬剛月子、杜若颯太、そして五条あやめ。月子以外は三年間同じクラスで、出席番号が近かったため同じ班でもあった。  五条は名前が似ていること、誕生日が一緒であることを気に入ってか、たびたび杜若に声をかけていた。薫の見る限り、杜若も五条を好ましく感じていたのだと思う。レベルを下げて志望校をそろえる程度には。  入学式の日に五条は、また杜若や薫と過ごせるのが嬉しいと言っていた。この春に引っ越して近所に友人もいないから、慣れた相手に会えるのは心強いと笑っていた。  そして十日ほど前、五条の両親が突然亡くなった。車での買い物中、飲酒運転の車に正面から突っ込まれたのだ。部活で留守にしていた娘は難を免れたものの、翌日から学校に来なくなった。 「小春野、おまえ、おれに言ったよな。五条が来ないのは、みんなが言ってるような理由じゃないかもって」  戻ってきた薫の顔を杜若は見ない。睨みつける線路には闇だけが広がっている。  陽を失ったホームに鋭い風が吹き、薫の伸びた黒髪とセーラー服を殴りつける。止めることも抗うこともできない力の最中で、薫は決然と自身の考えを述べる。 「言った。あの子の意思じゃないかもって」  杜若が勢いよく顔を上げる。その目は薫につかみかかりたいようにも、すがりつきたいようにも見えた。 「これ」  杜若は震える手をジーンズのポケットに突っ込み、くしゃくしゃの封筒を薫に手渡した。五条から杜若に宛てた手紙だ。今日届くように指定してあったようだ――確か、五条と杜若の誕生日。  視線で許可を求め中身を取り出す。一枚きりの便箋にQRコードが貼りつけてある。薫がスマートフォンでコードを読み取ると、動画再生ボタンが表示された。 『杜若くん、おったんじょうびおめでとー! あやめでーす。見ればわかるか。あはは』  見慣れたポニーテール姿。五条だ。後ろにぬいぐるみやベッドが映り込んでいる。カメラを固定した位置が低いのか、五条はあおり気味の画角でぎこちなく笑っていた。 『誰にも言わずに行こうと思ったんだけど……杜若くんはね! 誕生日、祝ってくれようとしてたのかなって、思ったから』  薫は杜若に視線をやったが、左巻きのつむじしか見えない。  どうせ直接欲しいものでも訊いたのだろう。杜若の不器用に言及するのは避け、薫はまたスマホに目を落とした。  五条はしばらく視線をさまよわせ、ええと、だとか、あのー、だとかうなっていたが、やがてカメラをまっすぐに見つめた。 『この家、買ったばっかだけど叔父さんたちのものになっちゃいそうでね。あたし、それはちょっと、ていうか、すごくやだなぁって思ってさ。でもどうしようもないから、あたしが出ていくことにしたのでした』  じゃーん、と五条は小さなリュックサックを顔の高さに掲げる。人間一人が旅立つにはあまりにも心許ない荷物だ。 『実はこないだ、あたしの家出計画を手伝ってくれるっていう人と知り合ったんだ。いったんその人のところに行って、それからあらためてあたしの楽園を探すつもり! だから心配しないでね。あでぃおーす!』  五条はカメラに両手を伸ばす。動画の長さを示すバーも残り少ない。大写しになった映像は、彼女が意図したものではなかったはずだ。  五条あやめは、口唇を噛んでか細く震えていた。 『ごめんね、杜若くん……』  すきだよ、とノイズと聞き紛うような囁きとともに、動画は終わった。 「杜若は、どうしたいの」  薫は手紙を杜若に返した。杜若は俯くのをやめ、まっすぐ薫の目を見つめる。動画の五条と同じ。 「五条を見つけたい。おれにこんなものを送ってきたってことは、たぶん」 「うん」  薫は頷いた。杜若がその先を言わなくていいように。  五条はきっと消えるつもりで、絶望のままそいつの元へ行った。杜若にだけ言葉を遺して。  けれど本当に、本当に全てを諦めていたのなら、彼女はこの手紙を投函する必要さえなかったのだ。  だから。 「杜若の気持ちはわかった。そいつを許せないのはこっちも同じ」  薫は右と左、計四輪のチューベローズを外した。留めてあった髪がばらばらと落ちてくる。この姿は好きではないけれど、これから向かう場所を考えたらそれぐらいでいい。  薫は花のヘアピンをハンカチに包み、杜若の冷たい手に押し付けた。 「ちょっと行って見つけてくる。そいつも、五条も」  連れて帰ると言えない弱さを見抜かれたくなくて、微笑みながら二歩下がった。 「戻らなかったら、悪いけど月子に渡しておいて」  背後に電車が滑り込む。薫は壮花に引き返す電車に後ろ向きのまま乗った。  杜若は今になって弾かれたように立ち上がる。ドアが閉まる。杜若が電車を追いかけながら怒鳴っているが聞こえない。  薫はまたスマホを取り出し、最初の日、線路に投げ捨てたIDにメッセージを送った。 『花です すみません  親とケンカしちゃって  少しの間 置いてくれませんか?』

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません