鵺(ぬえ)の住む街【快盗広尾シリーズ】
ステキユーザー 文豪
サスペンス・犯罪小説 全30話 完結済み
【西原七音が快盗になる「快盗広尾」シリーズの起源のミステリー】  私に一本の電話がかかってきた。一枚の絵を探して欲しいという。資産家である南平氏がある業者に騙し取られたのだ。絵はある画廊に入荷していた。南平氏はその絵の返却を求めて交渉に行くが断られてしまう。そこで、南平氏は改めて私の所へ相談に来た。 ※400字詰め原稿用紙換算枚数:24枚 ※こちらの作品はエブリスタ、カクヨム、小説家になろう、ステキブンゲイの各小説サイトにも掲載予定です。

作品をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません