痛みのクオリア
ヒューマンドラマ 全1話 完結済み
小さな美容室の雇われ店長になって十数年。僕の指名客に、作家志望の中年女性がいる。念願叶って書籍を出版した、と話す彼女の髪を切るうち、半ば無意識に口にしていた――僕のことを書いてくれないか、と。鏡越しの彼女の瞳に促されるがまま、僕は語る。僕が喪失してしまった痛みの痕跡を。 ※ステキディプント参加作品 あなたの胸の痛みが僅かでも和らぐことを願って

小説をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません