みかえり兎は神様のお使い
1
2
コメント上手 新人作家 ステキユーザー
歴史・時代 全25話 完結済み 第2回ステキブンゲイ大賞応募作
この物語は、雪舟が「雪舟」と名乗るまえ、今でいうお茶くみ係のような役割をあらわす「揚知客(ようしか)」と呼ばれていたころのお話です。 キャッチコピーは「歴史の中で瞬く才能には、常に美しい少年の存在があった」です。 今はなくなってしまった「本のさなぎ賞」で最終候補に選んでいただいた作品です。 タイトルを変え、改稿しておりますが、読んでいただけたら嬉しいです。 どうぞ、よろしくお願い致します。

作品をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません