作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 長倉が別棟べつむねにある座敷にこもりだしたのは、正月飾りものきから姿を消した、睦月の終わり。  時々様子を見に来ていた大内氏の従者が、毎日のように通ってきてくれるようになったのは、如月の中程。  今、季節は弥生を迎え、春告げ草の香りが、氷雪ひょうせつに包まれて澪月の横を通り過ぎていく。一日、一日と春に向かう空は、雲の切れ目から、あるかなしかの淡い青をのぞかせていた。  澪月が、ぽつねんと空を見上げているそこは、薄の原の奥に位置する松林。  傾きかけた陽射しに澪月の小さな影が、細く長く、頼りなく伸びていく。トンと軽く地を蹴って、澪月は老木の先端へふわりと飛ぶ。細い枝の付け根の部分に腰を落ち着け、遠い景色に視線を送る。さやかな風が、澪月の振り分け髪を優しく揺する。  ―― 澪月様  空が茜色に染まるたび、いつも聞こえた呼び声。  ―― どこにいるんですか?  心配そうな声音が、どうしてか嬉しくて、いつも聞こえないふりをした。何度も呼びかけて欲しくて。自分を探し続けて欲しくて。そんな子供じみた感傷に、ふっと笑ってしまう。けれど笑った瞬間、思いがけず目頭が熱くなった。  声を上げて笑い出してしまいたいような、あるいは思いっきり泣いてしまいたいような、どちらも選び取れない感情に、澪月の唇が小さく震える。胸いっぱいに広がった感傷は、どくどくと鼓動を速めるのに、どうすることも出来なくて、震える胸を宥めるように膝を抱え込んで丸くなる。  ―― いつか、この時、この場所に、たったひとり、取り残されるんだろう。  それはずっと言い聞かせてきた言葉だった。いつ、何時そうなったとしても大丈夫なようにと、絶えず呟いていた。 (しゃあないやん。どうしようもないやん)  もう一度、無理矢理に唇を引き締めて、繰り返す。 (ひとりでも、ぜんぜん、かまわへん。へいきや)  それでも、胸の中で何度繰り返しても、胸に溢れかえった寂しさが消せなくて、澪月はもう一度、ぎゅっと膝を抱き寄せる。いつもなら、すぐにかわせる気鬱きうつさが、今日は上手くいかない。わかっていたことのはずなのに、ちゃんと納得したつもりでいたのに、感情がついて来ない。  少しずつ少しずつ、変わっていく風景。気がつけば年月と共に、傍にいる人たちの面差しも変わっている。変わらないのは、少しも変われないのは、時の流れから、遠く切り取られた自分だけ。 (このまま、ずっと、ひとりなんやろか?)  育つことを忘れた身体。こんな自分、これからいったい、どうして生きていけばいいんだろう。誰も彼も、変わらない自分に気づいたら、きっとあるはずがないものを見る瞳で見るんだろう。育ち盛りのはずのこの歳で、いつまでも変わらない自分を、気味悪がって避けるだろう。  揚知客や長倉の優しさが、当然ではないことは、重々承知している。そして、揚知客も長倉も、いつかいなくなってしまうことも。  沈みきった夕日の残照に、気持ちまでがえていく。胸の奥が、きりきりと痛み出す。じんわりと、また瞼が熱くなる。泣き出しそうになっている自分に気づいて、澪月は慌てて強く首を振る。 「おわっ!」  けれど、首を振る勢いが強すぎて、くらりと身体がよろける。 「あっ、あかん……」  危うく枝から滑り落ちそうになって、両手で老木に縋る。 「危ないとこやったぁ」  どうにかこうにか体勢を立て直して、近くの枝をつかんで座りなおそうとした、その時、 「……あれ?」  澪月の特等席は、宇治の館の庭のはずれ。周囲の立ち木全てを見下ろす、大樹の天辺。通常なら松の枝葉に隠れる山道が、ふいに澪月の眼前に迫ってくる。 「なんや……?」  逢魔が時の薄闇に現れた風景は、妙にくっきりと澪月の瞳に映る。  ぱちりと瞬くと、その風景は水に映る景色に水滴を落とした時のように、ぽやんと揺れる。こしこしと瞼をこする。パチパチと幾度か瞬く。それでも淡い泡沫ほうまつを描く風景は、変わらない。  ふわり、と空気が動く。  風、ではなく、空間そのものがゆがむように、心もとなく空気が動く。そして、その空気の中に、澪月のいる空間がしゅるんと取り込まれる。澪月の周りのものが、一瞬にして凍りつく。かさこそと、間断なく地を這っていた風の音さえ、消える。しんと張り詰めた空気の中、澪月はゆっくりと松の木の、根元に降り立つ。えんえんと輪を描く水滴は、一点を残して物の輪郭をゆがめている。息を潜めて、水滴の向こうを見つめる。その一点を、凝視する。  宙に浮かぶ水鏡の向こう側には、宇治の館とはまったくおもむきことにする竹藪たけやぶが広がっていた。その奥に、豆粒ほどの小さな影がしこる。徐々に近づくその影は、ぬめるような闇に覆われた暗黒を、転がるように走っている。馬手めてに木刀、弓手ゆんで小柄こづかたずさえて、迫り来る闇を散らしながら、澪月に向って駆けて来る。  葉擦れの音に、速い呼気が絡んでいる。  竹が鳴っていた。ざざ、ざざと、不気味な音をたてて。  不意に竹が、むちのようにしなる。目にも止まらぬ速さで、たけるに向ってぎかかってくる。間一髪かんいっぱつで、身をかわす。捕らえ損ねた獲物を惜しむように、ざんざんと、竹が鳴る。  ―― ……俺、なんで走ってんのやろ……?  必死の形相ぎょうそうで暗闇を駆け抜けながら、たけるはその場に不釣合いな疑問を抱く。  ざん!  その疑問を掻き消すように、また竹がしなる。  ―― 捕まったってええやん。逃げ切ったって、どうせ俺には、何もないんやから。  何のためにだなんて、問うだけ虚しい言葉を何故、今この時、思うのか。 「存外ぞんがい、おとなしい者よのう」  木枠きわくの中、まるで獣のように首を荒縄あらなわくくられて、武は大広間の真ん中に置かれていた。 「あれほどお前らの手を煩わせてきた演者とは思えぬ」  勧進能の捕り物劇のあと、「松風」でシテを務めた武が、一座が泊まる宿に帰った夜、一座は既に旅立った後だった。  追っ手を警戒し、一昼夜歩き回った武を待ち構えていたのは、巧妙こうみょうに仕組まれた罠の数々だった。  いつもなら、持ち前の機敏さで捕まることなどなかったのに、その日は、自分を売ったあるじに対する落胆が、思いのほか強かった。その落胆は、決して誰も信じるまいと、頑なに誓ったはずの自分の弱さを露呈ろていした。  仲間であるはずがなかった。習い憶えていた能楽のうがくが一座のかてになろうとも、自分はたまたま居ついただけの流人るにんでしかなかった。それでも、いつもならほんの数日の逗留とうりゅうのはずが、一年、二年と続いて、時折交わされる冗談や、他愛ない会話のやり取りが楽しくて、目立つことを避けていた自分が、主に請われるままにシテを務めていた。数年先には、嫌でもこの場を離れなければいけないことは知っていた。それでも、できるなら一日でも長く、この一座に居たいと思っていた。  そんな一座と、武の間に亀裂が生じたのは、京の都で神楽を舞った夜だった。  都の外れで興行していた手猿楽の一座が、とある貴人が催す茶会へと招かれた。その場で、もしかしたら屋号やごうを与えられるかもしれないという甘言かんげんに、主は素性の知れない貴人の申し出を二つ返事で受け入れ、武を伴ってその屋敷へと出向いた。けれど、その茶会は、庇護からあぶれた子犬たちの、狂乱の場でしかなかった。  広い庭に準備されたのは、壺に入ったままの安酒と柄杓ひしゃく。幾つかの籠に準備されたさかなが、生臭い臭気を放っていた。 「存分ぞんぶんに」  大広間の、御簾みすの影からの一言が、宴の幕開けとなった。薄い茣蓙ござ神妙しんみょうに座っていた各々おのおのの座が、乱れていくのに時間はかからなかった。 「そのほうら、飲み食いばかりでは夜は明けぬぞ。御所様ごしょさまの前で舞を披露せよ」  従者の声に、赤らんだ頬の演者が茣蓙の前に立つ。茶会を開いた貴人の前で、我先にと舞を舞う。御簾の影からそれらを眺めていた貴人が、庭の隅に蹲っていた武に声をかける。 「その方」  御簾がシャラリと開けられ、貴人が扇で武を指す。 「何故舞わぬのか?」  その場が、自分達の望みの場ではないことに気づいた主と武は、近場にいた従者に暇乞いとまごいをし、端のほうへと下がっていた。帰り支度も済んで、門をくぐりかけていた一座のあるじが、その声にびくりとして振り返る。 「ちこう寄れ」  冷ややかな声音と共に、ひらひらと扇子が振られる。いつのまにか透渡殿すきわたどのまででてきていた貴人の双眸そうぼうが、武を見据える。 「の前では、舞えぬと申すのか?」  やわらかな物言いだからこそ際立つ、有無を言わせぬ威圧いあつ。 「いいえ、決してそのような事は……」  慌ててその場に平伏す主を横に、武も並んで平伏す。 「心にもない、おこないよのう」  貴人がくつくつと含み笑いする。 「その方、その若い方じゃ。面を上げてみよ」  隣の主の小刻みな震えが、武の袂にかさかさと触れる。すっと視線を上げる武に、興味深げな表情が向けられる。 「申し開きを聞こうぞ」  愉快ゆかいげに言う貴人の双眸は、シンと凍てつく泉のように深い。  洞窟どうくつのような、血の気を感じさせない瞳を見つめていると、それだけで心身が飲み込まれてしまいそうな錯覚を起こさせる。怜悧れいりと呼ぶに相応ふさわしい、整った容貌の貴人が、酷薄こくはくな性質を滲ませた笑みを浮かべる。静まり返った狂乱の、全ての視線が、貴人と武に注がれる。 「扇を、忘れてまいりました」  軽く叩頭こうとうする武の前に、金子きんすの扇が投げられる。 「では、それを持て」 「衣装を汚してしまいました」 「そのままで良い」  水際立った美貌の口元に、笑みは消えている。もう、これ以上の言い逃れは許されないことを悟った武が、扇に手をかけ、はらりと開いて見つめる。 「これを羽織れ」  投げ渡された、綺羅きらをほどこした薄青い被衣かつぎが、蝶の羽のように煌めく。その衣に、武が触れた瞬間……、 「ものどもであえ!」  驚いて顔を上げる武を高台から見下ろし、貴人が勝ち誇ったように言う。 「物取りじゃ! そうそうにひっ捕らえ!」  狡猾こうかつな表情を見せた貴人が、武の前に降り立つ。武の隣にいたはずの主は、今は戸口の隅に下がっている。集まっていた子犬たちも四方に散り、武だけが園の中央に取り残された。 「その手にあるは、そちの扇か?」  突然のことに思考の定まらなかった武に、貴人が薄笑いを浮かべ問いかける。その見下すような笑みに、武の中で、何かがカッと熱を持った。どくどくと波打つ鼓動が、この貴人は初めからそのつもりで、誰かをさいなみたいが為に、この宴を催したのだと気づかせた。そして不幸なことに、その相手を武に決めたのだということも。  猿楽者の隆盛りゅうせいねたむものは多い。けれど、その影で日の目を見れず鬱々うつうつと過ごす演者もまた多い。その影に隠れた演者が甘言にどれほど弱いか、この貴人は充分にわかっている。そして、その弱さを突いて、いやしめる方法も。  さげすみをあらわにした貴人の口調が、武に瞬時に悟らせる。この貴人は、相手を心底侮蔑ぶべつする手口を、恨めしいほどに身につけている。そのために、むやみに舞を披露する演者たちには目もくれず、端のほうで控えていた武を選んだのだ。なけなしの自尊心じそんしんを、粉々に打ち砕く為に。 「あんたが渡したんやろ」 「ほう」 「あんたが放ったんやないか!」  貴人の、放埓ほうらつで悪意に満ちた眼光を見据え、武が言う。いわれのない中傷を聞き流す術を持たない武が、怒りに震える。 「誰か、そのような場面に心当たりはあるか?」  頷く者が、いるわけがない。わかりきった愚問に、武の瞳に蒼い燐が灯る。 「俺は、何もしとらん!」  言い放ち、武がトンと地面を蹴る。 「微塵みじんも知らん罪で、討たれるつもりもない!」  軽々と雑兵ざっぴょうを飛び越え、木戸の前に立つ。 「俺は、あんたには捕まらん!」  叫んでその場を逃れ、それから少しの間、主の許しを得て裏方にまわり、ひっそりと一座の隅にいた。けれど「松風」を舞った日、恩義ある方からの申し出だからと主に頼み込まれて、仕方なしにシテを引き受けた。その時既に、主と貴人の間に約束が成されていたことなど、知るよしもないままに。  戯言ざれごとで済むはずだった一夜の宴。  それがこんなにも尾を引くことになるとは、武は予想だにしていなかった。ただ、最初の出会いの時から、武は空洞のように何も映さない貴人の瞳に、うすら寒いものを感じていた。急逝きゅうせいした治仁王はるひとおうの血縁者でありながら、表舞台から遠ざけられた貴人の瞳は、人間的な何かが欠落していた。茶会の後で知った貴人の風評は、奇行癖と残酷な噂にまみれていた。  犬のように荒縄に繋がれ、俯く武の鼻先に、ふわりと伽羅きゃらの香りが漂う。木枠の外から武の顎下がくかに扇を添え、クイとあごを上向かせる。 「どうした? 悔しさに口もきけぬか?」  言いながら、喉元でくつくつと笑う。 「捕まらぬと申したは其方であろう? 捕縛されるのはさぞ口惜しかろう」  満足げに武を見下ろす。  次の瞬間、武は思わず息を呑んでいた。自分の首元に触れる扇が、いつのまにか小刀にすり替わっていた。ひたりと押し当てられた切っ先は、わずかに動けば武の喉仏を落とす向きに据えられている。  灯火に煌めく刀身から、ゆっくりと視線を動かし、武は目の前にいる貴人を見上げる。  貴人の笑みを刷いた口元に、武の背筋がゾクリと冷える。けれどそれは、切っ先を恐れてのことではなかった。貴人の残忍な笑みには、およそ感情というものが読み取れなかった。人の命を子供のような無邪気さで奪っていく、狂気をはらんだ瞳に、身の内が凍った。  無為に永すぎる記憶が一瞬、走馬灯のように武の脳裏を過ぎった。今此処で、成敗されるなら、それもかまわないと思った刹那、切っ先は喉元を離れた。 「若君?」  従者の戸惑ったような問いかけが、沈黙を揺らす。 「つまらぬ」  貴人の声が、憮然ぶぜんと響く。まわりの従者達の顔色が変わる。ひんやりと底冷えのするような沈黙が、広間を浸す。 「この者は、命を惜しんでおらぬ。これではつまらぬ」  パシリと小刀を、畳に投げつける。離れた視線がもう一度、武に向けられる。じっと見つめる武の瞳に、青い燐光りんこうが灯る。そのりんを確認して、貴人がくっと喉元で笑う。 「まあよい。今宵はもう気が晴れた。その方らも早々にさがってよいぞ」  従者達から、ほっと安堵の吐息が落ちる。 「夜更けには雪も来よう。その者は籠のまま、野ざらしにするがよい」  言って貴人が御簾の奥へと消え、運び出された籠は透廊すいろうに囲まれた庭の中央に置かれた。  ひっそりと静まり返った庭には、音もなく、白雪が舞っていた。しんしんと冷え込んでいく籠の中で、武はじっと空を見上げる。  逃げようと思えば、逃げられる。今すぐにでも。手で握る木枠は脆く、捕縛できたことに安堵したのか、見張りも数人しかいない。自分の力で、この場所を粉々にしてしまうことなど、雑作ぞうさもない……。  その毒のように甘い誘惑に、武が苦笑する。  人でなしに明け暮れた過去が、この数年で洗われるわけもなく、結局は元の無頼漢ぶらいかんに戻ろうとしている自分に気づく。生きたくて生きてきたわけではないから、そうしなければ生きて来れなかったと言い訳する事も出来ない。自分は何の為に此処にいるんだろうと何度となく問いただし、その都度返らない答えに、もう問うことも忘れていたのに。  ―― この者は、命を惜しんでおらぬ ――  また、苦い笑みが浮かぶ。  そう、生きたいと願ったことは、多分一度もない。それを、病んだ気質に読み取られたことが、あまりに自分に似つかわしく、乾いた笑みが浮かんでくる。 「何を、笑っておる?」  傍にいた従者が、気味悪そうに聞いてくる。その怯えた声音が、武の神経を逆撫でる。 「これで大丈夫やと安心しとる、お前らが滑稽こっけいや」  喉元で、笑いを堪えるように言い放つ。 「なんだと!」 「俺にはこないなもん、通用せんのや!」  次の瞬間、青い閃光が闇夜を貫き、四辺を囲んだ木枠が木っ端と散った。思わず尻餅をついた従者が、武を見上げる。ぼんやりと蒼白い燐光を灯すその影が、凄絶せいえんな笑みを浮かべる。  逃げるつもりはない。抵抗するつもりもない。そう思っていた。  けれど、今此処で捨てられる命なら、もう、とうの昔に捨てて欲しかった。誰も惜しむもののない命なら、なぜ、死にたいと願ったときに、死なせてくれなかった!  憤怒ふんぬに押されるように、武はおののく従者から木刀と小柄を取り上げる。 「お前らに、俺は殺させん!」  武の怒声に、潜んでいた従者達が、ザッと周りを取り囲む。蟻の子のように群がる雑兵をかわし、武は館の外へと逃げ出した。  追いかけてくる、幾多の足音を背中に聞きながら、むやみやたらと走りまくって、ふと気づいた時、辺りはシンと静まり返っていた。  うすいもやが立ち込めている。さっきまで落ち着かなく鳴っていた笹の葉が、とろりと歪んだ闇にぬらぬらと光っている。  ……なんや……?  刺すようだった空気の冷たさが、不意にやわらかに温もる。土塊つちくればかりを踏みしめていた足先に、芽吹きはじめた草が触れる。  ……どうなっとんのや……?  雪はやみ、そればかりではない温かな風に、意識が朦朧もうろうとしていく。  ドン、と何かにぶつかる。 「あっ、お前、」  その声に、それが人の腕だと気づいた瞬間、武の意識が遠のく。 「とことん、ついとらんみたいやな……」  自嘲気味にぽつりと呟いて、武はその場に崩れ落ちた。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません