作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 ピュンッ! と長倉の後ろを何かが走り抜けた。 「……えっ?」  そのあまりの速さに、一拍以上の間をおいて長倉が振り返る。当然、既にそこには何もなく「気のせいか」と呟いて長倉はまた仕事に戻る。  静かな館に響くのは、包丁が俎板まないたを叩くトントンと軽い音。季節の根菜を煮詰める、コトコトとやわらかな音。焼き物を乗せた火鉢が、時おりパチンと爆ぜる。夕焼けの橙色とういろの風景に、優しい音が滲んでいく。大内氏を迎える祝いの膳は、一の膳から五の膳までが並ぶ、本膳料理ほんぜんりょうり。武家の出だった長倉が、見よう見まねで作った本膳料理は、大内氏のお気に入りだった。  いくつもの灯篭とうろうが並ぶ観月台に全ての料理を運びきり、長倉は準備が整ったその場を見渡す。自分の仕事の出来栄えに満足することは、此処最近めったにないことだった。今日はどうしてこんなに順調だったんだろうと、ふと思い返して、「あっ」と小さく声をあげる。  通常であれば、長倉のかたわらでくるくるとせわしなくまとわり付いている、澪月がいなかった。澪月本人に邪魔する気はさらさらないわけだけれど、それは置いておいて、澪月がいるだけで長倉の仕事は倍に膨れ上がる。その澪月の姿が見当たらない。  見上げる空は、既に群青色に染まっている。観月台から身を乗り出して裏庭に視線を懲らす長倉の瞳に、とっぷりと暮れた夕闇が重なり合う。人影どころか草の影さえおぼろな闇が、長倉の瞳に映る。  子供じゃないんだから心配なんかするなと言い張る澪月。でもその姿は、どんなに多く見繕みつくろっても十五に満たない。着の身着のままで出かけた澪月は、行燈あんどんも持っていない。気になりはじめると、まらない。良からぬことばかり思い浮かぶ。もしも、誰かにかどわかされでもしたら……。とんでもない予感に、長倉は走り出し、勢い込んで門を開け放つ。 「おぅ! なんだ、いきなり出迎えか?」  門の数歩先、木戸の前にいた大内氏が、驚いたように言う。 「ようこそ、おいでなされませ」  慌てて叩頭こうとうする長倉に、大内氏が嬉しそうに笑う。 「声をかける前に門が開くなんて、思ってもみなかったぞ」  たまたまの偶然だとは言いにくい状況に、長倉が笑みをつくろって見上げる。  上機嫌の大内氏は茄子紺なすこんの着流しに、薄蒼い被衣かつぎを片肩に掛けている。艶やかな黒髪は撫でつけられただけで、背の中程で緩く結ばれている。精悍せいかんな顔立ちが勇ましい印象をかもしはするけれど、帯刀たいとうがなければ、どこぞの遊び人といった風情。 「お供の方は?」 「さっき帰らせた。いるとうざったいだろう?」  言ってカラカラと笑う。少しも変わらない、大内氏の豪快な笑い声に、長倉の頬に懐かしげな笑みが浮かぶ。 「ご無事の御帰り、心より嬉しく思います」 「お前も変わりないか?」 「はい」  頷きながら視線を上げ、長倉が不思議そうに問いかける。 「今日はまた、ずいぶんと軽装でいらっしゃる」  長倉の大きな瞳にまじまじと見つめられ、大内氏がバツの悪そうな笑みを浮かべる。 「あぁ、甲冑かっちゅうは持って帰らせたんだ」 「え?」 「どうも俺はよろいをつけてると、人相にんそうが悪いらしい」 「?」 「大人しそうな仔猫にまで威嚇いかくされる」  大内氏の隣で、揚知客がくすりと笑う。 「……仔猫? ……ですか?」 「あぁ。真っ白で、随分綺麗な猫だったんで、ちょっと悪戯したら、ホレ」  言いながら、袖をまくって血の滲んだ腕を長倉に見せる。 「これ、まだ全然手当してないじゃないですか!」  しっかりと歯形の残った傷跡に、長倉がビックリしたように言う。 「舐めとけば平気だろう?」 「そんな悠長ゆうちょうな! ただの切り傷と違うんですよ! 早く消毒しないと!」  言うや否や大内氏の腕を掴むと、引っ張るようにして井戸の前まで連れて行く。汲み上げてあった水を柄杓ひしゃくですくって、何度も傷口に流しかける。 「触っちゃダメですよ! すぐ薬草やくそうを持ってきますから、そのままでいてください!」  着流しの袖を肩まで捲り上げられた格好で、大内氏は井戸の前に立ち尽くしている。片肩にかけてあった被衣がずり落ちそうなその姿は、なんとなく情けない。 「供の方には見せられない姿ですね」  少し遅れて歩いてきた揚知客がひそりと言って、小さく笑う。振り返る大内氏が、眉を顰めて揚知客に問いかける。 「あいつが世話好きなのは知っていたが、なんだか世話女房みたいになってないか?」 「女房というよりは、母親でしょう」  さらりと応える揚知客に、大内氏が納得したように頷く。 「例の小冠者こかじゃか……」  言いながら、周りを見渡し、問いかける。 「で、その小冠者は、何処に消えたのか、見当はついているのか?」  大内氏の言葉に、揚知客はやわらかな笑みを見せる。 「きっと、部屋の隅で固まってますよ」 「なんだ、じゃ、帰ってるのか?」 「ええ、……多分」  多分と言葉を濁しながらも、その声音は落ち着いている。穏やかに笑う揚知客に、大内氏が意外そうに言う。 「お前がそんなふうに笑うのは、初めて見たな」  少しだけ驚いたような表情をする揚知客の肩を、ポンと叩く。 「うん。良い表情だ。生き生きとしているぞ」  戸惑い気味の揚知客の背中を、ぽんぽんと続けざまに叩きながら、大内氏が満足げに笑う。その笑顔につられるように、揚知客の頬もゆるやかにほころんでいく。  沁みるから嫌だと、子供みたない駄々だだねる大内氏の腕を引っ掴んで、無理やり薬草を塗り込めるのに一時いっとき。少しだけ不機嫌になってしまった大内氏を宥めながら、観月台に誘い込むのに一時半いっときはん憮然ぶぜんとした表情の大内氏に白瑠璃碗はくるりわんを握らせ、注いだのは長倉秘蔵ひぞうのすぐり酒。 「おっ?」  大内氏の表情が、にわかに変わる。 「今日は、これ、飲ませてくれるのか?」  膝立ちの長倉を見上げ、わくわくといった感じで声を弾ませる。 「今日のために、準備しました」  長倉が漬ける果実酒は、どれも絶品だった。酸味を殺さない程度の甘さと、濁りのない色。中でも酸味が強く、漬けるのが難しいと言われている「すぐり」でさえ、長倉の手にかかれば、透き通るような珊瑚色に染まる。けれど果実そのものが小さく少ないこの品種。季節ごとにでは、飲める量が限られてしまう。そんな「すぐり酒」を、思いっきり飲んでみたいと言ってくれた大内氏の為に、長倉は去年から準備していた。 「たくさんありますから、遠慮せずに飲んでくださいね」  乳白色の瑠璃を薄い紅色に染める珊瑚の花露かろに、大内氏が満面の笑みを見せる。やっと機嫌を直してくれた大内氏にほっと安堵の息を吐き、長倉はそっと観月台を後にする。自分の影が御簾みすに隠された瞬間歩速を早め、門へと向かう。 (今、一時なら、酒盃しゅはいは満たされている。膳のさかなも、今一時なら、問題ない)  言い聞かせるように呟いて、長倉は夜空を見上げる。もうすっかり陽の落ちた藍の空には、下弦の月が浮かんでいる。 (早く、見つけなくては)  く気持ちをなんとか落ち着かせ、夜道を照らすための行燈に手をかけようとしたその時、長倉の後ろでキシリと床の軋む音がした。驚いて振り返ると、夕刻からずっと姿の見えなかった澪月が、所在しょざい無さげに立っていた。 「澪月様!」  慌てて駆け寄る長倉に、澪月の肩がすくむ。 「どこに行ってたんですか! 夕方までには帰るって、約束したじゃないですか!」  長倉の叱るような声音に、澪月の肩がますます縮こまっていく。少し怯えているようにも見える澪月の様子に、長倉は怒鳴りたい気持ちを飲み込んで、澪月の目線まで降りる。見下ろす視線から見上げる視線に変えて、澪月の小さな手を握ると、俯いていた視線がやっと長倉に向けられる。 「こんなに遅くまで、外にいちゃ駄目ですよ」  小さな子供に言い含めるような言い方に、澪月がきゅっと唇を尖らせる。 「俺、家ん中に、おったもん」 「いつ帰ったんですか?」 「陽ぃ暮れる前や」  その一言に長倉は、「気のせい」で片付けてしまった一瞬の気配を思い出す。あれが澪月だったんだと思い返す。 「帰ってたなら、一声かけてくださいよ」  思いっきり脱力して、長倉はしゃがんでいたその場に腰を落としてしまう。 「大内様がいらしてるのに、気が気じゃなかったなかったんですからね」  膝をついて情けない声を出す長倉に、澪月の小さな小さな声がかけられる。 「……………………ごめん……」  澪月の弱々しい声音に、長倉が座ったままで澪月を見上げる。  視線を逸らして俯く澪月はしゅんとしたままで、いつもの元気がない。言いたいことは山ほどあっても、肩を落とした澪月に長倉は何も言えない。所在無さげな風情が、出会ったばかりのころの寂しげな澪月を思い出させて、それ以上は叱れない。 「とにかく、御無事でなによりです。水干乾きましたから、一緒にとりに行きましょう」  いつものように無邪気な笑顔を見せてもらいたくて、長倉は勢い良く立ち上がると澪月の手を握る。水干をかけてある奥座敷に向かいながら、笑い話のように大内氏の話を振る。 「今日はとても珍しいことがあったんですよ」  長倉の歩きながらの会話に、澪月の視線が上がる。 「さっきね、大内様の腕に薬草を塗ってさしあげたんですよ」  小首をかしげる澪月を見下ろして、くすくすと笑いながら続ける。 「小さな噛み傷だったんですけど」  その一言に、澪月の心の音が、ドキンとひとつ高く打つ。 「あれほどの剣の腕をお持ちの方でも、仔猫には敵わないんですね」 (……仔猫?)  長倉の言葉を胸の内で反芻はんすうした瞬間「仔猫」の正体がわかって、澪月の頬がポンと紅くなる。長倉の腕がくい、と引かれる。歩を止めてしまった澪月がふぅとひとつ、息を吐く。 「……それ……、俺や」 「えっ?」 「やから、御殿様に噛み付いたんは、俺や」 「えぇっ!」 「やって、知らなかったんやもん」  大きく目を瞠る長倉に、澪月がおそるおそるというように問いかける。 「……怒っとった?」  握り締めた指先が、小さく震えている。長倉の驚いたような声が、澪月の不安を大きくしていた。問う言葉を投げかけながら、それを確認することに怯えるように、澪月の視線が逸らされる。  この時になって長倉は、やっと気づく。  さっきからずっと感じていた、澪月の覚束無おぼつかなげな様子。何を不安がっているのか、ずっとおどおどと瞳を揺らしていた。この所為せいだったんだとやっと合点がてんがいって、長倉は澪月の俯く瞳を覗き込むようにして明るく笑う。 「そんなに気にしなくて大丈夫ですよ」  言って、澪月の頭をぽんぽんと撫でる。 「大内様は悪戯好きな方ですからね。澪月様も何かされたんでしょう?」  悪ふざけが大好きな大内氏は、長倉にもしょっちゅう悪戯を仕掛ける。それは他愛ない、子供のような悪戯ばかり。上手く引っ掛かれば、両手を叩いて大喜び。逆に失敗した時には、驚くほどしょげ返ってしまう大内氏だった。 「澪月様の事を仔猫だなんて言うくらいですから、平気ですよ」 「……やけど……」  言い掛けて、澪月が唇を噛む。自分のために揚知客が骨をおってくれているのに、このままではとても納得できなくて、ついと長倉を見上げる。 「……お前、笛、持っとったよな?」  その問いかけに長倉は、随分前に澪月が寝付けなかった夜、一度だけ吹いて聴かせたことを思い出す。 「謡曲、吹けん?」  長倉にとっては手慰てなぐさみでしかない笛。有名処ゆうめいどころの曲を知ってはいても、吹けると胸を張って言えるものではなくて、長倉が考え込むような表情をする。 「羽衣の、「天女の舞」の部分だけで、ええんやけど」  遠慮気味に問いかける澪月に、長倉が問い返す。 「澪月様が、舞われるんですか?」 「うん。前はようやってたんよ。憶えてるかどうかは、怪しいんやけど……」  自信無さげに俯いていた澪月が、キッと前を見据える。 「やけど、このままには出来ん」  また少し不安げに小首を傾げて、心許こころもとなく呟く。 「大内様は、舞は好きなんやろか?」  自分に出来る何かを一生懸命に探っている澪月の問いかけに、長倉は自分の中にあるひるむ気持ちを捨て、澪月の思い立ちを、後押ししようと心に決める。 「大内様は風雅ふうがを好まれる御方おかたですから、舞が嫌いなんてことないです」  そして、優しく告げる。 「きっと、お気に召していただけますよ」

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません