作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 時の足音は、あしの葉のこすれあう音のように、かそけく響く。人の欲望や野心に、京という都が闇色に塗り固められていく。絢爛けんらんと咲き誇る花は、滅びの予感に、れきった花弁かべんを散らしはじめていた。 「もうし、だれぞおらんか?」  大内氏の従者に休みを取らせていたその日、都からの使者が宇治の館の門を叩いた。木戸を開けた長倉を、舐めるように見上げ、使者が問いかける。 「それがしは院の使いでまいった者じゃ。この館に、怪我をした猿楽者さるがくもの逗留とうりゅうしていると聞いたが、その者はおるか?」  勧進能の際の捕り物劇を思い出した長倉が、瞬時に笑んで見せる。 「いいえ。この館に、そのような者はおりませんが」  抜け目のなさそうな視線が、館の奥へと注がれる。 「こちらは周防の守護大名、大内氏の別宅と聞いておるが、間違いないか?」 「はい」 「隠し立てすると、大内氏にもとががかかること、承知の上であろうな」 「隠し立てもなにも、本当に存じ上げませんが」  毅然きぜんと言い切る長倉に、使者がわずかにひるむ。そのすきを突いて、長倉がずいと詰め寄る。 「院からの使いであれば、それ相当の書状を御見せ願います。そうでなければ、此処より先、踏み入る事は許しません」  後ずさった使者に歩を進め、長倉が後ろ手で門を鎖す。ガンと閉じられた門の前で、使者が悔しげに口を開く。 「近場の薬師くすしが、左足に深手を負った芸人をこの館で診たと言っておったぞ。その者は、本当にらんのか?」 「ですから、館改やかたあらためなら、正式な書状をお持ちくだされ。この居は大内氏のもの。私どもの勝手には出来ません」  ちっと軽い舌打ちの後、使者が憎々しげに言い放つ。 「では、正式な書状をお持ちしよう。その際には、一切の口出し無用と心得こころえよ!」  言ってひらりとこままたがる使者が遠ざかるのを確認し、長倉は門戸を閉め、かんぬきを下ろす。ふーっと大きく一息吐ひといきついて振り返ると、其処にはけわしい瞳をした武が立っていた。 「……武、様」 「今のは、院のお使いなんやて?」  問いかける声音の強さに、長倉が言葉を飲み込む。 「隠さんでもええよ。俺を探してるんは、院の血族や。やけど、院の名前を使うなんてな。何考えとるんやろ」  笑って言いながら、武の表情には諦めと落胆が浮かぶ。 「やけど、思ったより、時間は稼げとる。俺はもう、大丈夫や」  それでも、気丈きじょうに言って、長倉に背を向ける。  武のすぐ後ろには、門前もんぜんの騒ぎに、戸口まで来ていた揚知客と澪月がいた。その姿を認め、武が力なく笑んで見せる。武の指先が、澪月の頬に伸ばされる。 「お別れやな」 「……なっ……」 「もう、此処には、おれん」 「なんでやねん!」 「このまま此処におったら、揚知客さんに迷惑がかかる」  庇護ひごがなければ描けない揚知客たちの、足枷あしかせになるわけにはいかない。自分は此処を、離れなければいけない。 「俺ひとりやったら、どうとでもなる。都に近づきさえしなけりゃ、ええんやから」 「……嫌や! 武……。武が行くんやったら、俺も行く!」  咄嗟とっさに口をついた自身の言葉に、澪月が瞳を瞠る。同じように瞳を丸くする武の瞳に、澪月は自分の心を映し見る。  澪月がめ込まれた、いびつにゆがんだ器。その中で澪月は、自分の気持ち誤魔化し、自分を騙し騙し進んできた。  けれど、武を知った今、もうそんな生き方は、出来なかった。泣きながら生きるなんて、大事なこと全部にふたをして眠ったように生きるなんて、もう出来ない。諦めばかりを積み重ねていたあの頃の自分には、もう戻りたくない。ただ生きるためだけに生きるなら、このせいは、いらない。  澪月が振り返る。すがるような視線を、揚知客へと向ける。 「一緒に行きなさい」  一瞬の躊躇ためらいもなく、揚知客が言う。 「揚知客さん……」  武が、息を飲み込むように呼びかける。 「俺、なんの恩返おんがえしも出来んままやのに、……澪月まで……」  揚知客や長倉が、澪月をどれほど大切に思っているか、それに気づけない武ではなかった。なのに自分は、その澪月まで奪おうとしている。けれどそうとわかっても、武に澪月をこばむことは出来ない。武にとっても、澪月はすでに失えない、大切なものに変わっていた。  言いかけて項垂うなだれる武に、揚知客が優しく笑う。 「武がいてくれたから、私はこの宇治の館にいられるんですよ」 「えっ?」 「大内殿がおっしゃってました。自分が絵や能が好きなのは、武のおかげだと。もしも武に出会わなかったら、私の気持ちはわからなかったと」  揚知客の言葉に、青みを帯びた武の瞳が、僅かに潤む。 「さぁ、追っ手が戻ってくる前に、これを持って行きなさい」  砂金さきんの入った小袋を、澪月に握らせる。 「長倉、こまの準備を」 「裏庭におります!」  瞬時の間もなく、長倉が応える。既にくらたずさええた駒には、小さな荷物まで積まれている。 「有り合せの旅支度たびじたくです。ほんとうに、足りない物ばかりだと思います」  長倉の言葉に、武が声もなく、その手を握る。 「揚知客さん」  涙声で呼びかけた澪月が、ぎゅっと揚知客にしがみつく。揚知客の手がぽんぽんと、いたわるように澪月の背を叩く。先に駒にまたがった武の足元で、今度は長倉にぎゅっと抱きつく。その澪月の腕を取って、長倉がいつものように澪月を抱き上げ、そのままふわりと、武の後ろに座らせる。 「揚知客さん、俺、きっと、また逢いに来るから。必ず来るから。待っててや」 「揚知客さん、澪月連れて、きっと遊びに来るから。皆が忘れた頃、必ず来るから」  代わる代わるのことに、揚知客が応える。 「待っているよ」  駆け出した駒の姿が、すすきの原に消えていく。 「……行ったか」  ぽつんとつぶやく揚知客の隣で、長倉はふたりの道行みちゆきを追いかけるように、遠くを見つめる。 「おまえは、行かなくて、良かったのか?」  静かに、やんわりと問われて、長倉が瞳にいっぱいの涙をこらえたまま応える。 「私は、揚知客様の御傍おそばにおります。……もしもお邪魔じゃなかったら……」  長倉のひかえめな物言ものいいに、揚知客が笑んで問いかける。 「澪月と、一緒に居たいんじゃなかったのか?」 「私が一緒にいたら、あの人は黙ったまま傷つきます」  泣き笑いの表情で、長倉が続ける。 「私が何も言わなくても、澪月様は御自分のことを、哀しいくらいわかっていましたから」  日毎に変わる風景に、溶け込めずにいる自分を。 「どんなに一緒にいたいと望んでも、いつか私があの人を置いていく日が、必ず来ます」  そしていつか、寂しい瞳をした澪月を、必ず哀しませる。自分は、ただ寄り添うことさえ許されなかった。澪月の傍で生きるために選ばれたのは、ただひとりだけ。  生まれた場所も年齢も、育ってきた環境も、何もかもが違うふたりが偶然に出会い、同じ未来を歩む。それはまるで、ふたりがふたりであるために、見えない手が必死で運命を微調整していったかのように、長倉の瞳には映る。 「いつか、もう一度、逢えるでしょうか……?」  その長倉の、僅かな期待を捨てきれない、涙を飲み込んだ言問ことといに、同じように遠くを見つめたままの揚知客が、夢みるように呟く。 「そうだな。……もしかしたら、……な……」

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません