洛陽の月
スポーツ・音楽 全45話 完結済み 第1回ステキブンゲイ大賞応募作
月まで走れ。 その合言葉を胸に、京都代表・洛陽高校サッカー部は全国四千校の頂点を決める全日本高校サッカー選手権大会の第二回戦に挑む。既定の試合時間では決着がつかず、PK戦にもつれ込んだ試合は、二年生の権丈陽介のシュートミスで幕を閉じる。 試合後、先代キャプテンの東条俊一は悔やみ続ける権丈を新キャプテンに指名する。チームの主力だった三年生が引退し、新チームを任された権丈は弱体化したチームを立て直すことが出来ず、新人戦では惨敗を喫する。 『メンタル最弱』のキャプテン権丈、『ボールハンター』兵藤、『男気』黒田、『はんなりゲームメーカー』平岡の三年生を軸としたメンバーに、天才・東条俊一の実弟である『ぐれた天才』圭が新入生として新たに加わり、チームは弱いながらも徐々にまとまりを見せるようになる。

小説をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません