洛陽の月
大一番

小説を栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 後半のキックオフ直後から、左サイドハーフの兵藤の守るエリアをしきりに攻め立てられた。兵藤はすでに一枚イエローカードを貰っており、もう一枚カードを貰えば、問答無用で退場処分となる。  ただでさえ守勢に回っているのに、前年度王者を相手に数的不利となれば、状況はいよいよ苦しくなる。桐郷学園がサイドライン際でボールを持ち、兵藤が厳しくチェックに行くたび、観衆が沸く。 「舐めんなっ!」  相手の10番にいちどは抜き去られた兵藤だが、しつこく並走し、ハードタックルを仕掛けた。強心臓の兵藤に限ってイエローカードを恐れ、プレーが縮こまるなどということはなかった。  10番を派手に吹き飛ばし、ボールを奪い返した。倒れた10番はプロ入りが内定しているスター選手で、しきりに反則ファウルをアピールするが、審判は笛を口に咥えただけで、反則の笛は吹かなかった。  その途端、誤審ミスジャッジだと言わんばかりに怒号のような大ブーイングが洛陽イレブンの頭上に降り注ぐ。兵藤が奪ったボールを受けた平岡は火に油を注ぐように、平然とボールを回した。  王者と対峙した大一番でも、平岡の哲学にブレはなかった。  攻撃は最大の防御であり、とにかく中盤でボールをキープする。ボールを持ったまま失わなければ、究極的には守備なんてやらなくてもいい、とでも言いたげな覚悟が垣間見える。  平岡は中盤の底でボールを回し続け、じりじりと時間だけが過ぎていく。なかなか攻撃に転じられない王者に、焦りの色が見え隠れした。平岡の周囲に一人、二人とマークマンが吸い寄せられていき、ディフェンス陣が中央に寄り集まって、ぎゅっと収縮する。  その途端、平岡はロングボールを蹴り込んだ。前半、鳴りを潜めていた東条圭の足元へ、ぴたりとボールが収まった。  ここまでお膳立てしてやったから、あとはドリブルでぶっち切れ、と言わんばかりの絶好のパスを受けた小さな天才は、細かなボールタッチを駆使して、前方に立ち塞がるディフェンダーの隙間をすり抜けた。一気に中央まで侵入すると、地を這うようなスルーパスを繰り出した。  東条圭のパスに反応した権丈が蹴り込もうとするが、ペナルティエリア内で背後から思い切りスライディングされた。右足に激痛が走り、権丈は苦悶の表情を浮かべる。すぐには立ち上がれないほどの痛みで、権丈は脂汗を浮かべながら、フィールドに倒れ込んだ。  権丈には明らかな反則だと思えたが、審判は反則の笛を吹かず、プレーはそのまま続行された。  兵藤のイエローカードすれすれのプレーを流してもらったので、これで御相子おあいこなのかもしれないが、一点勝負の緊迫したゲーム展開では、王者贔屓の笛のようにも思えた。 「くそっ……」  電撃がほとばしるような痛みを堪え、権丈は立ち上がった。  審判の判定ジャッジは絶対であり、ミスジャッジだと訴えたところで判定が覆ることはない。文句を言う暇があるなら、即座に立ち上がり、守備に戻るべきだ。逆襲カウンターを受ける自陣へ、権丈は全力で走った。  がむしゃらに走っていると、痛みは忘れた。  視界の片隅に、ディフェンダーが迫っていることは捉えていた。あの場面で決めきれない自分は、ここぞという場面で決定的な仕事をやってのける「怖い」選手の域にはないのだ。  兵藤が奪い、平岡と圭が繋いでくれたボールを活かすことができなかった。つくづく、自分に腹が立つ。  逆襲に転じた桐郷学園を応援する大歓声が煩わしかった。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません