奈落のほたる
ヒューマンドラマ 全30話 完結済み 第1回ステキブンゲイ大賞応募作
どうか笑わないでほしいのだけれど、私には妖精が見えている――。 『私』―奈美は、それを妖精と呼ぶ。 『娘』―れなは、それをほたると呼ぶ。 ひかりの舞う世界のなかで彼女たちは生きている。 『僕』―昌也にはそれらが見えない。 奈美のすがたも、あるいは見えていなかったのかもしれない。 夫と妻、母と娘、娘と父。 すこしずつこわれていく、悲しい家族のものがたり。

小説をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
―1― #1 「ただいま」「おかえり」
2020/10/15 04:45
―1― #2 ふるえるうさぎの、
2020/10/15 07:53
―1― #3 ほたると妖精
2020/10/15 12:09
―1― #4 ひとつだけしか
2020/10/16 01:15
―2― #1 ねずみ色のソフトクリーム
2020/10/16 11:05
―2― #2 ほたるとホタル
2020/10/17 03:42
―3― #1 とくべつな子
2020/10/17 08:08
―3― #2 愛された白雪姫
2020/10/17 14:06
―3― #3 雨のすみれ
2020/10/18 11:54
―4― #1 不純
2020/10/19 05:57
―4― #2 無機質な花々
2020/10/19 14:10
―4― #3 できない父親
2020/10/20 00:02
―4― #4 つまはじき
2020/10/20 08:10
―5― #1 すりぬける、
2020/10/21 03:04
―5― #2 『ごめんなさい』
2020/10/21 13:55
―5― #3 黒い妖精
2020/10/22 09:28
―5― #4 耳の奥で、きしきしと
2020/10/22 23:54
―6― #1 手切れ
2020/10/23 07:06
―6― #2 「ただいま」「おかえり」
2020/10/23 20:04
―7― #1 失う、捨てる
2020/10/24 08:17
―7― #2 拒絶
2020/10/25 01:13
―7― #3 耳の奥で、ぎしぎしと
2020/10/26 00:05
―8― #1 「あなたのせい」
2020/10/26 03:45
―8― #2 雪の降る前
2020/10/26 13:04
―8― #3 宵闇
2020/10/26 16:17
―9― 雪の夜
2020/10/27 05:43
―10― #1 消える
2020/10/27 12:26
―10- #2 空虚
2020/10/27 16:44
―10― #3 奈落のほたる
2020/10/28 05:56
―10― #4 メッセージ
2020/10/28 12:57
応援コメント
0 / 500
朝海りく 2020/11/09 10:52

こはく 様 気づけずお礼が遅れてしまって…大変失礼いたしました。いただいたコメント、とても嬉しいです。励みになります。ありがとうございました!

こはく 2020/10/28 06:48

まだ途中までしか読んでませんが、上手ですね。淡々とした文章なのに物語の中に引き込まれていきます。今の私にはないものを感じました。参考にさせていただきます。